読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

元祖天才バカボン8話A演出コンテ:自殺を的確に止めるキャラ達

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) 脚本は山崎晴哉氏。家なき子などでよくある組合わせ。 開幕から特徴全開、太陽どアップ。今回は演出コンテだから解るが、らんま「脚本」でもこの特徴が出ているのが怪(画像)。また、パパ…

チエちゃん奮戦記34話脚本:男のロマンと幼さのせめぎ合い

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) 2部作の後編。33話概要:宿題のネタのため、チエとヒラメは見知らぬ駅で降りるという冒険を思い付く。一方マサルも、(宿題のネタのため)男のロマンを求めタカシと共に旅に出る。チエを守…

チエちゃん奮戦記20~21話脚本:食べ物が象徴する、義理人情の温かさ

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないのですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます。) 20話 冒頭、いつものごとくテツがおバァはんにどつかれているのだが…

めぞん一刻脚本67話:梅酒がもたらす愛情

めぞん一刻は、アパート「一刻館」に住む青年・五代と、一刻館管理人で未亡人・響子との、山あり谷ありのラブコメ(原作・高橋留美子先生)。高屋敷氏は最終シリーズ構成と脚本を担当している。監督(最終シリーズ)は吉永尚之氏。 ━━ 開幕から美味しそうな飲食…

めぞん一刻66話脚本:性別問わず発揮される「男のかっこよさ」

めぞん一刻は、アパート「一刻館」に住む青年・五代と、一刻館管理人で未亡人・響子との、山あり谷ありのラブコメ(原作・高橋留美子先生)。高屋敷氏は最終シリーズ構成と脚本を担当している。監督(最終シリーズ)は吉永尚之氏。 ━━ 五代に惚れている女子高生…

忍者戦士飛影 27話脚本:魂を持つナイフが飛影を呼ぶ!物=キャラのポリシー炸裂

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくなりませんが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 直前までの話としては、 ・ジョウ達エル・シャンクは、目的地の日本へ辿り着…

忍者戦士飛影 8話脚本:もの言わぬ自律ロボも重要なキャラクター!名前も付ける

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくなりませんが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見れます。) 話は序盤~中盤まで、ハザード率いる火星政府軍と、グラサン率いるザブー…

忍者戦士飛影 5話脚本:黙っていても手や目が「語る」想いが友情を生む

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) まず、同氏脚本・シリーズ構成のアカギやカイジで何故鷲巣や班長が分身するのか?ということに前から興味を持っていて、この飛影に元ネタがあるのではないかと、大分前から目星をつけて…

めぞん一刻55話脚本:「物」が表す恋愛心理戦

めぞん一刻は、高橋留美子先生の代表作であるラブコメ。大学生(元浪人生)の五代と、五代が住むアパート「一刻館」の管理人で未亡人の響子との、山あり谷ありのラブストーリー。 高屋敷氏は、めぞん一刻の最終シリーズ(53話~最終話)のシリーズ構成を担当して…

コボちゃん56話B脚本:もの言わぬ物・者の活躍を描く「脚本」

耕二(コボ父)が自宅に忘れた、仕事用の大事な書類を、コボと茂(コボの友達)が会社に届けようとして、冒険する話。 まずサブタイの「都会のジャングル」、高屋敷氏が演出参加した「ジャングル黒べえ」から来ていると思われる。これをはじめ、コボちゃんが制作…

ルパン三世PARTⅢ 6話脚本:寡黙な次元の想いを表す「無言の間」

ルパン三世PARTⅢ6話脚本。(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくなりませんが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見れます。) まずルパン三世PART3という作品。赤ルパン三世(…

忍者マン一平監督・コンテ11話:人生に試練を課す「キャラクター」である雪山と崖。あらゆる作品に登場!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) ちょっと、カイジ1期(高屋敷氏シリーズ構成・脚本)について先に触れる…

忍者マン一平監督・9話:特徴である紙演出も、人の姿で実体化!やはり紙もキャラだった

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) ─── 脚本は金子裕氏、コンテは、シティハンターや名探偵コナン初代監督で…

家なき子演出~カイジシリーズ構成・脚本など、高屋敷氏の扱うテーマについて

ツイートしてるうちに、高屋敷氏の扱うテーマについて気付いたことがあったのでまとめます。 忍者戦士飛影のレニー、ロミナ、ジョウの三角関係、高屋敷氏脚本においてはロミナ×ジョウ推しっぽい。(http://togetter.com/li/1008773) ジョー2高屋敷氏脚本では…

コボちゃん24話B脚本:鳥は希望や絶望を運ぶ重要キャラ

今回は、鳥の話。 冒頭もカナリアのアップ。同氏作品の冒頭は、言葉を喋らない物・者のアップから入ることが多い。これも物言わぬ自然・無機物・動物が重要なキャラであるという、同氏ポリシーが出ている。 コボは、鳥を飼っている友達を羨ましがって、鳥を…

忍者マン一平1話:監督・脚本・コンテ:OPから炸裂、自然や物がキャラという作家性の種明かし!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 前に忍者マン一平のOPだけ、検索でやっと見つけた時は、こりゃ打ち切りされ…

コボちゃん20話脚本~愛情には愛情で返す贈り物~

のっけから、特徴である紙のどアップ。 この話はホワイトデーの話だが、まさに同氏特徴の「その人に合った贈り物」が発揮されている。 冒頭では、竹男(同居している親戚)とコボちゃんが、ホワイトデーにクッキーを焼く計画を立てている。竹男は想い人の花田…

マッドハウス版X-MEN6話脚本:過去作の雪山や原爆の悲劇を救済。ゲン2脚本の温かいおんぶが生きる

XMEN脚本6話。(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、pic.twitterから始まるurlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) マッドハウスXMEN脚本編の続き。2話 ma…

マッドハウス版X-MEN4話脚本:過酷な状況を救う飲食物や幼い友情、優しい手つき、そして光

XMEN脚本4話。(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、pic.twitterから始まるurlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) マッドハウス版X-MEN4話脚本。前回担当…

マッドハウス版X-MEN 2話脚本:同氏ポリシー自然=キャラ、ストームでついに可視化。アメコミ原作に生きる「はだしのゲン2」要素

XMEN脚本2話。(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、pic.twitterから始まるurlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 高屋敷さんの仕事として、もう前に見た…