カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

忍者マン一平

元祖天才バカボン8話A演出コンテ:自殺を的確に止めるキャラ達

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) 脚本は山崎晴哉氏。家なき子などでよくある組合わせ。 開幕から特徴全開、太陽どアップ。今回は演出コンテだから解るが、らんま「脚本」でもこの特徴が出ているのが怪(画像)。また、パパ…

チエちゃん奮戦記24話脚本:時系列操作やナレとのかけあいが光る脚本技術

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) 23話との二部作。 23話概要: テツが、おバァはんにお灸をすえられ丸坊主に。 一方チエは、普段と違うことをする、という春休みの宿題のため、現金をちらつかせて、テツに店をやらせる。…

チエちゃん奮戦記13話脚本:人の人生観が変わる瞬間を「見ている」入道雲

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) のっけから特徴の自然=キャラが出てくる。夏の入道雲が町を「見ている」…

忍者戦士飛影16話脚本-ついに辿り着いた!鷲巣・班長分身のルーツ

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくなりませんが、urlをクリックすればtwitterの大きい画面で見れます。) 今回は忍者戦士飛影16話脚本。 前回8話: http://makimogpfb2.hatenablog.c…

忍者戦士飛影 5話脚本:黙っていても手や目が「語る」想いが友情を生む

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) まず、同氏脚本・シリーズ構成のアカギやカイジで何故鷲巣や班長が分身するのか?ということに前から興味を持っていて、この飛影に元ネタがあるのではないかと、大分前から目星をつけて…

ルパン三世PARTⅢ 9話脚本:己は唯一無二!クローンに対するルパンのマジ怒り

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます。 前回6話は、高屋敷氏作品の中では異彩を放つ次元のハードボイルド話だった…

忍者マン一平監督13話(最終回):死人すら生きがいを求める。生きるとは何か

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないのですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます。) 忍者マン一平13話について。最終回。打ちきりとはいえ、大晦日で終わ…

忍者マン一平監督12話:本当の神、本当の贈り物とは何か?と自己犠牲とカルマ

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。) コンテやすみ哲夫氏、演出橋本三郎氏、脚本金春智子氏(高屋敷氏の元夫人)。全て既述。全員最新作が近年まで続いているので注目したい。 今回クリスマス回で、最終回は大晦日。打ち切り…

忍者マン一平監督・コンテ11話:人生に試練を課す「キャラクター」である雪山と崖。あらゆる作品に登場!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) ちょっと、カイジ1期(高屋敷氏シリーズ構成・脚本)について先に触れる…

忍者マン一平監督・脚本(共著)10話:真実を映す鏡・作り手の映し身の機械という演出特徴の膨大な歴史

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) コンテが、高屋敷氏も演出参加したど根性ガエル演出陣の一人であり、赤ル…

コボちゃん42話A脚本:アカギ脚本との意外な関係

今回は台風の話。後半の深夜麻雀場面が異様なくらい、嵐の夜に麻雀をする、アカギ(シリーズ構成・脚本)の1話脚本とシンクロしているので驚いた。 冒頭、待ち人(おそらく女性)が来るか来ないか、花占いをしているサラリーマンと、それに影響されて、台風が来…

忍者マン一平監督・9話:特徴である紙演出も、人の姿で実体化!やはり紙もキャラだった

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) ─── 脚本は金子裕氏、コンテは、シティハンターや名探偵コナン初代監督で…

忍者マン一平監督・8話:様々な考え方がある議題でカメラが傾く演出特徴が、キャラとして参上!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 先に、同時期に再放送していた、高屋敷氏シリーズ構成・脚本のワンナウツ…

忍者マン一平監督・7話:手から手へ繋ぐ想い、の同氏作家性の種明かしが浦沢義雄氏脚本で明らかに!?

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 注)当時ワンナウツ(同氏シリーズ構成・脚本)の再放送もしていたので、…

忍者マン一平監督・6話:もの言わぬ物が主人公に応え、孤独を拗らせると狂気に走る恐ろしさが描かれる

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) ほんとこれは自分で集めてて笑った。画像上が忍者マン一平監督・怪物くん…

忍者マン一平監督・5話:裸→無我→骨と、人間の本質を問うテーマが様々な作品で横たわる?

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 昔から現代まで、高屋敷氏の演出、脚本、コンテは男の子の可愛くて幼い友…

忍者マン一平監督・4話:孤独なお年寄りに優しく、自然がキャラとして殺気を放つ特徴全開!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) アニマックス連日放送のワンナウツ、録画積んでたのに、いつも見始めたらス…

チエちゃん奮戦記1話脚本(横田和善監督と共同)

チエちゃん奮戦記は、じゃりん子チエの2期にあたる作品である。しかし、ブランクがあっても可能な限り前作のスタッフを集め、正当な続編となっている。 無印チエについては下記アーカイブ参照。過去にツイッターで書いたものが整理できなくなっているが、で…

忍者マン一平監督・3話:同氏テーマ、ぼっち救済が炸裂!子供向けはストレート勝負

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) これも同氏がいつも主張するテーマがど直球で来た話。特徴の、ぼっち救済、…

コボちゃん24話B脚本:鳥は希望や絶望を運ぶ重要キャラ

今回は、鳥の話。 冒頭もカナリアのアップ。同氏作品の冒頭は、言葉を喋らない物・者のアップから入ることが多い。これも物言わぬ自然・無機物・動物が重要なキャラであるという、同氏ポリシーが出ている。 コボは、鳥を飼っている友達を羨ましがって、鳥を…

忍者マン一平監督・2話:物言えぬ物が見ている不気味さの種明かし!そしてお爺さんに優しくしろというテーマ

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 前回1話については下記参照 makimogpfb2.hatenablog.com 今回は2話。 まず…

忍者マン一平1話:監督・脚本・コンテ:OPから炸裂、自然や物がキャラという作家性の種明かし!

(Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないので、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます) 前に忍者マン一平のOPだけ、検索でやっと見つけた時は、こりゃ打ち切りされ…

じゃりん子チエ26話脚本-子供達の幼さが描かれる中盤以降の展開を示唆

はじめに じゃりん子チエという作品は、高畑勲監督の恐ろしさが非常に出ている。一見1~2話完結のように見えるが、最初から最後までシナリオは数珠つなぎにつながっており、伏線をライターが継承し続けなければならない。そして、原作通りでありながら、各演…