カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

じゃりん子チエ27話脚本:天や物達が見守るからこそ、無邪気に生きられる?

じゃりん子チエ27話脚本について。以前のツイートと追記で再構成しています。
 
 26話に引き続いて27話も高屋敷氏脚本。シリーズ全体が、実は数珠つなぎになっているので、ライターは2~3話を連続して担当する場合が多い。
前回26話:

makimogpfb2.hatenablog.com

 今回は、ヒラメの破壊的音痴により、遠足の送迎バス内が大パニック、チエとヒラメ以外全滅になる話。チエが何故無事だったかといえば、遠足当日以前にヒラメの破壊的音痴を聞いてしまった小鉄が、チエのために耳栓を作って、渡してくれたため(特徴:贈り物)。

  • 初回検証時のツイート集

 まず検証どうこうより爆笑した。やはりヒラメちゃん回はずれなし。

posted at 00:49:37

 今回は、高屋敷氏の演出、脚本で頻出するアドリブ歌が最大限に生かされた回。ヒラメちゃんの音痴で大惨事になる。
 また、紙、やさしい手つき、優秀モブ、高速回想、時系列操作、台詞リレー、ナレとのかけあい、母子愛、情感ある間、可愛いおっさん等の特徴も沢山出ている。

posted at 02:22:01

 恐ろしいことに、(絵に関与できない脚本なのに)自身コンテ特徴の像ごし構図が出た上、師匠かつ長く一緒に仕事した、出崎統氏的4パン、出崎構図、出崎統的水面反転がまた出た。
 あと、後に大惨事となるが、オリジナルの歌なら上手く歌えるだろうと、テツがヒラメのために作詞作曲してあげるし、頭を撫でるのが優しい。先生やチエも優しい(特徴:擬似家族愛・仲間愛)。

posted at 02:27:51

 実況スレ住人も気付いたが、前回(高屋敷氏脚本初出)から、子供達や猫がかわいくなっている。マサルまでお母ちゃん子で可愛い。成人の五代やカイジまで幼く可愛くなる高屋敷現象が出てる。
 過去作を思わせるネタとしては、日雇い(ジョー)、遠足(ど根性ガエル脚本疑惑の遠出回)、木彫り(赤ルパン脚本)が出てきた。

posted at 02:34:34

 また、よく同氏作品で出る、雷ネタと煙草ネタが出てきた。ヒラメちゃんの破壊的絶唱にて、「お空が割れて雷」「煙草千本」などのフレーズが聞きとれる。

 今までの話の引き継ぎとしては、相撲大会の話題、小鉄とJrすっかり仲直りしている、ヨシエがお弁当を作ってくれるようになる、テツ、ヨシエ、チエが3人揃って住んでる、などがある。

posted at 02:40:59

 高屋敷氏が26話から脚本参加したのは、ヨシエが帰り、テツ、ヨシエ、チエが一つ屋根の下で暮らし始めたことで、チエが子供らしくなっていくからではないかと感じる。
 あと、憎たらしい割に、マサル・タカシのコンビ愛が結構強いことも描かれる。
 前回の同氏脚本(26話)から始まった小鉄ナレも、チエの義父目線(特徴の疑似家族愛)なのかも。

posted at 02:47:44

 演出は、高屋敷氏と同じく、ど根性ガエルの演出陣だった三家本氏なので、ど根性ガエル的カーアクションが復活。高屋敷氏脚本だとクラスメイトの台詞が多く、よく動く(特徴:優秀モブ)。
 三家本氏の演出特徴もあり、非常にど根性ガエル的。
 何より大爆笑できるし、4段オチくらいある。凄いコンビネーション。

posted at 02:56:47

 スタッフとしては、高屋敷氏後半シリ構のめぞん一刻でも原画した、阿部卓司氏が動画にいる。あと原画に、飯田つとむ氏(故人)。ラピュタ心臓部のアイデアを出したそうだ。 ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF…
 高坂季太郎氏ほか、宮崎作品のアニメーターが多め。

posted at 03:02:57

  それぞれの回ごとに演出や脚本が打ち出したいテーマが原作つきでもあるのは前に気付いたが、じゃりん子チエの場合、各ライターで以下のような特徴がみられる:

篠崎好氏:男より強い上に、男の扱いが上手い女性陣の話

城山昇氏:大人が活躍し、子供も大人っぽい話

高屋敷氏:子供も大人も可愛くて、皆家族のような仲良しな話

posted at 03:16:27

 高屋敷氏演出・脚本において、時にBL系への超無自覚天然燃料投下的な要素があるのは、友情が厚く可愛く幼く熱いからだろう。
 つまり、友情描写が丁寧なのだ。
 それは同性、異性、年齢差コンビであろうと変わらない。
 チエ同氏脚本回のチエ・ヒラメについても、「夫婦みたい」という実況レスあった。

posted at 03:29:12

  高屋敷氏脚本だと幼くなるっていえば、カイジ破戒録1話でカイジが犬みたいに遠藤さんに駆け寄るのもだし、ほぼ原作通りの「今度は自信ある」も言い方が幼い。

 あと今回、「そんなこと言うヤツうち大嫌いや」という台詞があり、同氏脚本カイジ破戒録3話の「そんな奴等は大嫌いだ。(原作は「大嫌いなんだっ…!」)」という台詞とのシンクロがあった。こういった癖を見つけて行くのも面白い。

posted at 03:45:24

 

  • 追記

  ヒラメは音痴がコンプレックスだが、チエの場合、以前の遠足の弁当のおかずが、自分で用意した沢庵(こうこ)と卵焼きで、それをマサルに「まっきっき」だとバカにされていた。

 今回はヨシエに余裕ができたので、色どり豊かな弁当を作ってもらうことができた。その弁当を嬉しそうに眺めるチエが子供らしく可愛い。そして特徴の飯テロw


f:id:makimogpfb:20160727173237j:image

 

  • 画像

 可愛く幼いシリーズ。ナデナデが可愛い。テツはいつも子供より子供っぽいけど、高屋敷氏脚本だと、特にそうなる。あと、スキンシップ多めが特徴。


f:id:makimogpfb:20160726211918j:image
 
・特徴の、その人のことを考えた贈り物。
今回、ジョー2脚本、コボちゃん脚本。小鉄のくれた手作りの耳栓はガチにチエを守ったw
f:id:makimogpfb:20160726212209j:image

この、 贈り物については下記記事参照:

 

makimogpfb2.hatenablog.com

 

・像がよく出る特徴。

今回、ルパン2期演出コンテ、ベルばらコンテ、カイジ1期脚本。

f:id:makimogpfb:20160726212517j:image

 これ、同氏ポリシー「物や自然=キャラ」から考えると、「像が見ている・意思を持っている」という意図ではないだろうか。

 特に、まんが世界昔ばなし演出「幸福の王子」は意思を持ち人々を見ている王子像が主人公で、ポリシーがよく出ている。

 
そして、全てを見守る、意味深な月のアップと間(特徴)。
f:id:makimogpfb:20160726213852j:image
 

猫も見守る。言葉が通じなくても、心配する父兄達に、小鉄が話しかけ、なだめている。

f:id:makimogpfb:20160726214326j:image

  • まとめ
 このように、猫・天・物・自然が意思を持ち、チエ達を見守っているという高屋敷氏的概念が見てとれる。
 本編中、Jr.も「俺、神さんて信じてへんけど、チエちゃんの遠足の日に、こうええ天気になると、神さんがどっかで恵まれん子を見てるような気がするわ」と、遠足当日が晴天だったことについて述べている。
 色々なものや人、猫などが見守っているから、チエ達がたくましく無邪気に生きている、というテーマを、高屋敷氏は本作品に込めているのではないだろうか。