読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

家なき子演出~カイジシリーズ構成・脚本など、高屋敷氏の扱うテーマについて

家なき子 アカギ カイジ あしたのジョー 高屋敷英夫 ワンナウツ 忍者戦士飛影 #高屋敷英夫

ツイートしてるうちに、高屋敷氏の扱うテーマについて気付いたことがあったのでまとめます。

 

忍者戦士飛影のレニー、ロミナ、ジョウの三角関係、高屋敷氏脚本においてはロミナ×ジョウ推しっぽい。(http://togetter.com/li/1008773)

ジョー2高屋敷氏脚本では、葉子×丈推しで、のりちゃんの振られようが毎回ひどい。最終回担当だからかもだが、それでも本命はボクシングとかグローブとか、「喋らないが魂のあるもの」に取れるし、最終的に葉子も振られてるという始末。

 

アカギでもイーピン、ワンナウツでも「勝負」と、魂はあるが喋らぬもの達がキーキャラクターになっている。特にワンナウツは、高屋敷氏的構成においては、渡久地の本命はいつでも「勝負」にあるように思える。

 

高屋敷氏的構成についての、カイジの「喋らぬ」キーキャラクターは1期が「前へ進む」の「前」、2期が「勝つ」なのかもしれない。1期は確かに船・足・決意が「前」へ進み、最後も車が前へ進んでいく。オリ台詞(モノローグ)「死んだ皆のためにも…前だ!」然り。

 

「前へ進め」は高屋敷氏演出多数(最終回含む)の家なき子でも強く押されていたテーマ。カイジ2期は、前述の通り、確かに「勝つってことは」(13話)、「俺は勝つ!!」(25話)が相当に強調されていたから、やはり2期テーマは「真の“勝ち“とは」か。 

カイジ1期20話、確認した。オリ台詞(モノローグ)は「死んだ皆のためにも前だ…!もっと前へ行くんだ!」。そして、映像も台詞の強みも相当なクライマックス描写が続く。カイジ1期の高屋敷氏的キーファクターは、やはり「前に進む」?

 

そういえば、序盤1話も「もう引き返せない」というモノローグが相当強調されていた。エスポワールでも、前へ進まないと何も始まらない状況下。カイジの初勝利の相手はバランス派の男で、彼は「止まってる」状態。高屋敷氏演出多数の家なき子では、「男はいつか一人で生きていくもの。誰にも頼らず生きてこそ一人前だ。“前へ進め”だ!」が主軸テーマであり師匠(ビタリス)の教え。レミもカイジも「前」に進むには過酷な道のり。

 

そう思うと、家なき子演出においての「男はいつか一人で生きていくもの。誰にも頼らず生きてこそ一人前」から、カイジシリ構の1期「祈ってしまった。頼るものなどいないと…」→2期「神頼みなんかじゃなく」へのつながりが見える。

 

カイジ1期最終回、確認した。「頼るものなどいないと骨身にしみて知っていたはずなのに」(俯いて泣く)→顔を上げて前を見据える、でラストシーンへつながる。

f:id:makimogpfb:20160814203942j:image

 家なき子演出においての「前へ進め」、と「誰にも頼らず」、がカイジのシリ構にも生きていたことを再認識した。