カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

チエちゃん奮戦記11~12話脚本:同氏作品に散見される中性要素が、男臭さを中和。女性キャラ無しでもニャンとかなる?

 (Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます)

前回でも、同氏の描く精神疾患描写はリアルで対処も凄いと書いたが、今回も冒頭で、ジュニアが季節性鬱を発症している(毎年の事で、春に多い)。そのせいで、何日もジュニアと小鉄が帰宅しない。心配になった百合根はチエを伴い二匹を探しに行く。

ジュニア達を探しに行く際、百合根がチエの頭をなでる(同氏特徴)。無印の高屋敷氏脚本回にて、百合根に別れた妻子がいる話があり、実は彼は子供の扱いが上手い様子が見て取れる。画像はXMEN脚本と今回。 https://t.co/hmSjFt2RFM

f:id:makimogpfb:20160930121653j:plain

桜が美しいひょうたん池周辺で、チエ達はジュニアらを探すが見つからず。百合根によると、ジュニアは花見が嫌い(春鬱によくある)。

その頃、ジュニアは隅っこに立つ桜の下で酒盛りをしていた。(精神疾患→アルコール依存)。小鉄はそれを見てあきれる。

ジュニアはぽつんと立つ桜を「こいつ」と呼び、俺らのために待っていたみたいだと言う(特徴:自然もキャラ、ぼっち救済)。小鉄は、百合根もぼっち(特徴)だと指摘し、帰るよう促す。小鉄は先に帰る。https://t.co/FOhvkjndhH

f:id:makimogpfb:20160930121736j:plain

小鉄と入れ違いに、ジュニアはエイハブという、ただならぬ雰囲気の猫と会う。エイハブはモービーディックという恐ろしい猫に復讐するため旅をしていた。ところでエイハブ、元祖バカボン同氏演出に出るガンクツ王に格好が似てる。彼も復讐鬼。https://t.co/cxVxqhOXsx

f:id:makimogpfb:20160930121904j:plain

ジュニアは、モービーディックとは、過去に様々な異名を持っていた小鉄のことかもしれないと思い、エイハブに小鉄のことを教える。ところで1期の小鉄とジュニアの過去話も高屋敷氏脚本。その時の小鉄の異名は「月ノ輪の雷蔵」。滅茶苦茶ハードボイルドな話。

この話も猫パートはハードボイルドで、台詞まわしもドスが効いてる。異色ハードボイルド回だったルパン3期脚本に近い:https://t.co/jJ6RiB9avh
どこを切り取っても渋い。

一方帰宅した小鉄はチエに怒られ、ジュニアが帰るまで百合根の所へ行けと言われる。
入れ違いにエイハブはチエのホルモン屋に着き、銛で襲撃。銛はテツの顔のそばをかすめたので、テツも百合根の所に避難する。テツの避難場所が百合根の家なのも、1期からの継承。

百合根はテツ対策として、隠し持っていたウイスキーで酒乱モードになっていた。酒乱状態なら百合根は西萩最強クラスなのも1期からの継承。+着物を脱ぐと酒が出て自己が豹変するのも、同氏特徴の脱衣演出?https://t.co/AFMVw2i0Fn

f:id:makimogpfb:20160930122028j:plain

結局、百合根、テツ、小鉄、悪いタイミングで帰宅したジュニアで百合根家は大騒動になり、ミツルも巻き込んでカオスに。一方チエは、銛で破損した食器棚を粘土で補強し、ヒラメに塗装を頼みに行く。ヒラメとチエが到着すると、エイハブが店に陣取っていた。

エイハブの異様さに押されたチエ達は一旦百合根の所へ行くが、テツ達は騒動の末2階から落下し気絶していた。ジュニアは小鉄がモービーディックではないのかと小鉄に問うが、小鉄は完全否定。その頃、桜の下、本物のモービーディックがやって来ていた。

小鉄はジュニアに、チエ家に行って真相を説明しろと叱る。その際、ジュニアが拾ったエイハブの銛を、小鉄が預かる。その頃、背中に銛が刺さった姿のモービーディックは「春の陽気がこの痛みを忘れさせてくれる」(特徴:自然もキャラ)と桜の中を歩いていた。

モービーディックは銛の痛みを癒すため、桜前線に沿って旅をしていた。春がダメで心にダメージを受けるジュニアと、身体的外傷を春で癒すモービーディックは対照的。そして遠近で銛だけを発見したモービーディックは、小鉄をエイハブと間違え石を投げつける。

ここも銛がアップになっており、銛がエイハブを表すキャラと主張している(1枚目)。

f:id:makimogpfb:20160930122140j:plain

一方、石がヒットした小鉄は気絶、次回へ。舞い上がる花びらが、らんま脚本とシンクロ(2枚目)。https://t.co/dzQ6lJa0Dt

f:id:makimogpfb:20160930122209j:plain

このモービーディック、桜と陽気を「おまえ」と呼び、おまえだけが癒してくれる、と言う。一歩3期沢村戦脚本での、「信じられるのは自分の拳だけ」を彷彿とさせ、孤独気味(特徴)。しかもモービーディックは共食いまでする。一歩を肉に例える沢村と被る。

https://t.co/a8pG6HrJAO

f:id:makimogpfb:20160930122251j:plain

  • 12話

気絶した小鉄を見てエイハブでないとモービーディックが気付いた頃、エイハブはジュニアから、小鉄がモービーディックではないと説明を受ける。エイハブはジュニアを伴い、現地まで確認しに行く。入れ違いにヒラメとチエがチエ家に戻り、食器棚の修繕に入る。

エイハブは、モービーディックは白猫でサイズも巨大なので、小鉄とは違うとすぐ理解する。
その頃ヒラメはチエの食器棚を修繕。二人は塩せんべいとサイダーでおやつタイムに入る(特徴:飯テロ)。そこへモービーディックが来て、チエの店のホルモンを盗む。https://t.co/SuyfTeGAoX

f:id:makimogpfb:20160930122416j:plain

チエ達はモービーディックを追いかけるが、迫力に押され、逆に追われる。そして、言い争いをしている小鉄・ジュニア・エイハブと合流。モービーディックは自分でホルモンを焼き食べている所、エイハブと対峙する。台詞の応酬が渋く、ルパン3期脚本ぽい。https://t.co/QKerLwtEfN

f:id:makimogpfb:20160930122454j:plain

エイハブは、ジュニアと小鉄に決闘の邪魔をするなと宣告。エイハブはモービーディックに仲間を殺され、自身の片足を食われるという壮絶な過去を持っていた。過去の壮絶さは、ジュニア・小鉄も半端ない(1期高屋敷氏脚本)が、小鉄達もドン引き。

仲間を殺され、傷だらけになり復讐…はカイジ脚本にも生きる。エイハブは片足を失い顔に傷、カイジは耳を切り指を切られる。https://t.co/P0WQMPaTgS

f:id:makimogpfb:20160930122533j:plain

エイハブとモービーディックの決闘が始まるが、本家の白鯨と同じく、モービーディックは水中戦が得意。カナヅチのエイハブはボートで応戦。どこにいるかわからない水面の「間」が同氏特徴的。そしてエイハブのボートはモービーディックに転覆されてしまう。

ヤケクソになった小鉄とジュニア、チエとヒラメもボートを借りる。結局ボート代はチエが払った。エイハブはモービーディックに殺されかけるが、小鉄の必殺玉潰しが炸裂、モービーディックは片玉を取られる。片玉を取られたモービーディックはオカマになった。

その日、モービーディックにホルモンを取られたので、チエは店を臨時休業にする。罰としてチエは猫達を縛って外に出す。オカマになったモービーディックに全猫が迫られ気持ち悪い思いをするのだった。同氏監督作、忍者マン一平でもオカマに迫られる話あり。

https://t.co/fJpr56kzhP

f:id:makimogpfb:20160930122615j:plain

  • まとめ

とにかく、グループ毎の平行行動と合流点の設置場所の数が凄く多く、緻密。説明するには字数が足りない。あと、1期含めて同氏脚本の猫主体話は、重くてハードボイルド。長年の出崎統作品の演出・脚本経験が生きる?あと宝島D経験も生かしてそう。

そんなハードボイルドな話でも、可愛いシーン(特徴)は沢山ある。

f:id:makimogpfb:20160930122708j:plain

あと飯テロ。

f:id:makimogpfb:20160930122744j:plain

 これは、出崎統作品の演出・脚本でも入っていた要素。むさすぎないよう中和する効力があありながら、男の世界は残すようにしている。https://t.co/YzmFFot9Ig

同氏は長年、出崎統作品演出・脚本で男の世界を描いたのに、この話では、ラスボスがオカマになるというのが興味深い。もともと小鉄の必殺玉潰しは、色々な猫をオカマにしたが…。出崎統作品で、男臭すぎる所を中和してきた結果が出てる?

また、これはチエ世界の「白鯨」パロ。後に、同氏と長年仕事した出崎統氏が「白鯨伝説」を監督することになるのが面白い。
白鯨がオカマになってエイハブに惚れるという結末は、漫画原作ならではの奇抜さで、出崎統氏なら卒倒しそう。

このオカマ要素や、男子同士のイチャイチャは、結構同氏作品に出て来るが、それが効じたのか、アカギやカイジのシリーズ構成・脚本では、女性キャラが殆ど出ないのに、ムサくなりすぎない作品世界になっている。これも長年の経験からか。

この「中性要素」、アカギ・カイジ原作(というか福本作品全体)にもあり、それが高屋敷氏の持つ中性要素・男臭さ中和要素と、良い化学反応を起こしたと思う。また、猫がいくら男の世界であっても、チエの一喝で話が終わるのも男臭さを中和している。

帽子やマントを着ていたエイハブは、水中では服を脱がされ、猫らしさを出している。これも同氏特徴「脱衣演出」か。また、小鉄がモービーディックの片玉を取ったのも「脱玉」。結果どちらも自分が変わっている。今回も脱衣演出が活躍していた。

こぼれ話だが、12話は全話中、初めてテツが出ない話だったらしい。11話予告でテツが散々愚痴っていた。こういう、テツ役の西川のりおのアドリブがいちいち素晴らしいw