カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

チエちゃん奮戦記13話脚本:人の人生観が変わる瞬間を「見ている」入道雲

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくならないですが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見えます)

のっけから特徴の自然=キャラが出てくる。夏の入道雲が町を「見ている」。

また、舞うパラソルやアイスクリーム屋の、情緒ある「間」も特徴。画像は今回、家なき子演出、忍者マン一平監督(コンテも)。 https://t.co/nSqthq4eSp

f:id:makimogpfb:20161007043619p:plain

冒頭、マサルは夏休みに避暑旅行に行く事を、チエに自慢しに来るが、不幸にもテツが応対、しかも暑いからパンイチ(特徴:脱衣演出)。後から来たマサル母は驚いて退散。そしてテツは、事情をチエ・ヒラメにチクる。テツはマサル母子がマサル父を置き去りにしたと邪推。

アイスを食べるテツ達3人が可愛い&飯テロ(特徴)。Days脚本でもアイステロ。マサル母子がマサル父を置き去りにしたというテツの邪推は、高屋敷氏特徴の、ぼっち=万病の素というポリシーからかも。 https://t.co/oxObpG6JRZ

f:id:makimogpfb:20161007043940p:plain

f:id:makimogpfb:20161007044007p:plain

テツは、本当にマサル父が置き去りにされたかどうか、ヒラメの描いたマサル父の似顔絵を元にマサル家を除きに行く。だがそこには怪しい人物がいて、テツが捕まえるが、その人物はマサルの母方の叔父だった。誤解のお詫びに、テツはマサル叔父と遊び(?)に行くことに。はっきり言ってデートにしか見えない。

テツとマサル叔父の町散歩は、子供の散歩かデート(特徴:幼い・天然BL)のような様相。マサル叔父は内気なコミュ障で、テツのような豪放な人間に惚れやすいタイプ。1期の渉(拳骨息子) に似ている。かき氷食べるの可愛い。画像は今回と1期。 

https://t.co/e2sOfL9yYB

f:id:makimogpfb:20161007044349p:plain

マサル叔父の趣味は読書で、特に拳骨(作家・研究者でもある)のファンだという。それを聞いたテツは、本物のトンデモ人間の拳骨を見せたる、とマサル叔父を拳骨のもとに連れていく。カイジ脚本と同じく入道雲が印象的で、年の離れた男達の人生を雲が見ている。https://t.co/9pbneDfMnK

f:id:makimogpfb:20161007044558p:plain

数日後マサルが、マサル叔父からテツへの贈り物(テツの好物・かりんとう)を届けにくる。また、マサルもチエのために、解答済みの宿題のプリントを貸す(特徴:相手の事を考えた贈り物)。マサルがそっぽを向きながら渡すのは、1期(下段)からの継承。

https://t.co/QmPavZBqBF

f:id:makimogpfb:20161007044713p:plain

テツへの贈り物であるかりんとうには手紙が添えられており、テツとの会話や拳骨との面会でマサル叔父の人生観が変わったことが書いてあった。彼は仕事が合わなかったり、生き方に悩んでいたが、テツの一言でスッキリしたとの事。結果マサル叔父は辞職したらしい。

それを聞いたテツの言葉は中々深い。
「仕事が馴染めんのやない。仕事が嫌いな奴やねん。アイツわかりきったことばかりグチャグチャ言うてたんや。おもろないから仕事や言うねん。おもろなりたかったら仕事やめんかい!」

画像は心のこもった贈り物集。今回とコボちゃん脚本。

https://t.co/mHUbGA7Uwm

f:id:makimogpfb:20161007044933p:plain

そして下記画像は手紙集。どれも心からの手紙。他にも多数。ルーツは脚本または脚本手伝い疑惑のジョー1だと思われる。今回、カイジ脚本、家なき子演出、ジョー1脚本または手伝い疑惑。

https://t.co/JQYVFEWiHi

f:id:makimogpfb:20161007045042p:plain

マサルは一流企業に就職した叔父を尊敬していたので、叔父の辞職を知り泣きながらチエ家を責めるが、すぐに舞い戻って来て前言撤回する。なんとマサル叔父は花井拳骨論で新人文学賞を受賞したのだった。画像は特徴の紙ネタ。ど根性ガエル演出と今回。 

https://t.co/vGet4CtZKC

f:id:makimogpfb:20161007045158p:plain

それを聞いたテツは「続・花井拳骨論」を執筆し始める。だがチエによれば拳骨との過去を書けば書くほどテツの恥エピソードが晒されていく内容で面白いとの事。一方マサルは、いい事ばかり続きすぎて母がおかしくなっている事に頭を悩ませていた(特徴:精神疾患)。

マサル母は一種の躁状態。そして、もうすぐマサルの誕生日。さらに母の気がおかしくなると、マサルは憂鬱に。マサルの雰囲気がおかしいので、奇襲でも喰らうのかと考えたチエは小鉄を用心棒にする。小鉄は疑問を抱き、マサルの様子を見に行く。

そして小鉄が目撃したのは、完全に躁状態のマサル母だった。1期からの継承で、小鉄はジュニアの季節性鬱に毎回付き合っているため、この手の病には詳しい。だがチエには通じず。しかしマサル母がチエ宅に来訪、ヨシエとハイテンションな会話をして去っていく。

https://t.co/KDiASVhSTJ

f:id:makimogpfb:20161007045405p:plain

マサル母は、チエとヒラメをマサルの誕生会に招待する。彼等は全員、顔面蒼白に。一方マサルは誕生会までに肺炎にかかろうと、タカシを伴い毎日半裸でランニングするが、却って体力がついただけだった。ランニングがDays脚本とシンクロ。 

https://t.co/wwCIk74ATx

f:id:makimogpfb:20161007045527p:plain

その頃テツは続・花井拳骨論の執筆に忙しく、今の気持ち悪いマサルをどうにかしてくれという、チエのお願いを聞いてくれない。おねだりチエが可愛い。足をジタバタさせるのは高屋敷氏の演出時代によくあった特徴で、脚本なのにまたしても何故か出る怪。 

https://t.co/scCUqtmkxw

f:id:makimogpfb:20161007045639p:plain

結局マサルの誕生会の日がやって来る。切羽詰まったマサルは家出を決行。だが、続・花井拳骨論を書き上げ、マサル叔父の住所を聞きに来たテツに見つかり、追いかけられる。だが日々のランニングで鍛えられたマサルは、中々つかまらず。だが結局つかまる。

テツはマサルの、家出という気概には感心し、頭をはたく。するとマサルの髪が抜けていく。なんとマサルはストレスで脱毛症(特徴:精神疾患)まで発病していた。テツはドン引きして逃走。その頃、憂鬱な顔のチエとヒラメがすぐ近くまで来ていた。

毛が抜ける話は、高屋敷氏監督作の忍者マン一平にもある。忍法髪の毛ミサイルのリスクであり、皆を助ける為に使ったので、本物のサンタから帽子をもらう。一方マサルのは深刻なストレス・精神疾患で悲惨。画像は今回と忍者マン一平監督。

https://t.co/NrRyvU2YNd

f:id:makimogpfb:20161007045843p:plain

ラスト、誕生会がどうなったかは具体的には語られないが、ケーキが「語る」(同氏特徴)。一本しかないロウソクが倒れ、火が消える。サブタイは「地獄のバースデイ」。まさにその通り。

https://t.co/scjqmSRAjZ

f:id:makimogpfb:20161007045941p:plain

  • まとめ

またしても精神疾患話である。原作のはるき先生も中々詳しいのだろうが、高屋敷氏の作品に、多数存在するのは本当に興味深い。また、前半は、ほっといたら過労死か自殺しそうな青年に、テツが人生を変える助言を与え救済する話なのに、後半のマサルは悲惨。

しかしながら、子供の精神疾患は、逃げ場がなく、親が原因であることが生々しく描かれている。結局マサルは家出しか打開策を見出だせなかった。これもリアル。ギャグだから1話で済むが…。

テツがマサル叔父を開眼させ人生観を変えさせた一方で、カイジ脚本では、若いカイジが、おっちゃんに名言を吐き開眼させる。この逆の関係が面白い。テツは豪放で割と面倒見がよく、カイジは諦めない力があり、優しい。両者とも子供みたいに幼いのも同じ。

ところで高屋敷氏の作品で舞台が夏だと、美しい入道雲がキャラとして「見ている」のも特徴。 画像は今回、チエ1期、カイジ脚本。特にカイジは感動的だし、今回もテツとマサル叔父のシーンは美しい。 https://t.co/3VZfnNGcIR

f:id:makimogpfb:20161007050135p:plain

そして脚本で絵に手が出せなくなっても演出時代と同じような画面が出る怪。よく、出崎哲氏が使う遠景左向き走り・歩き。はだしのゲン2(脚本)にもよく出ていた。画像は今回と家なき子演出。

https://t.co/JibS0tPLTJ

f:id:makimogpfb:20161007050232p:plain

今回驚いたのは、鬱(躁鬱かも)・躁・脱毛症と、深刻かつリアルな精神疾患がラッシュで出て来たこと。そして、ほっといたら自殺しそうな青年(マサル叔父)の命をテツが自覚無しに救っているのを見るにつけ、テツの存在の重さを感じた回だった。