読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

チエちゃん奮戦記24話脚本:時系列操作やナレとのかけあいが光る脚本技術

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。)

23話との二部作。

23話概要:

テツが、おバァはんにお灸をすえられ丸坊主に。 一方チエは、普段と違うことをする、という春休みの宿題のため、現金をちらつかせて、テツに店をやらせる。そしてヒラメが1日店員を体験。そこへヤクザ客が来るが、テツは我慢し通す。そして翌日から、テツは何かを企む。

ここから今回の話へ。

テツは、23話でやりたい放題したヤクザが再度来店するまで店をやり続ける。

2週間後、待ちに待ったヤクザが来る。
場面は転じて朝。マサルは、テツが店をやっていた2週間、探偵の格好をして張り込んでいたとチエに報告。探偵コスのマサルが幼く可愛い(特徴)。

f:id:makimogpfb:20161125172313j:image

マサルによると、ヤクザ二人組は店に入ったきり出て来なかったという。

そこへチャイムが鳴り、マサルの推理は中断。

裾が長い探偵コスのせいで散々転んだマサルは、体育を休み見学。その際マサルは学校の講堂へ向かうテツを目撃。

体育授業中のヒラメやチエが幼く可愛い(特徴)。

f:id:makimogpfb:20161125172408j:image

マサルは、テツの監視を続行することにする。

一方テツは、お好み焼き屋にて、自分は人間が変わったと豪語し、散歩へ。

見送る百合根は、最近刑事のフリしたヤクザが来て、消えたヤクザ2人を探していたとカルメラに話す。その頃ニセ刑事がマサルと接触。再び探偵コスのマサル可愛い(特徴)。

f:id:makimogpfb:20161125172458j:image

時間は飛び、マサルは偽刑事との接触をタカシに話す。マサルの回想という形でニセ刑事とテツの邂逅が描かれる。高屋敷氏特徴の時系列操作。カイジ2期脚本においても巧みに使われている。
時間はマサル・タカシの会話地点に戻り、マサルは刑事が消えたと話す。

マサルは、ヤクザ二人と刑事がテツに殺されてホルモンにされたと想像し卒倒。

その頃百合根は、テツが最近お好み焼きを3枚持ち帰るので、テツがどこかにヤクザを飼っていると推理。

一方テツは、窓に映る自分を見て、髪型が戻りつつあるのを実感(特徴:鏡演出)。画像は今回とルパン三世2期脚本。ここでの鏡演出は、テツの髪型が戻る=自分を取り戻しつつある、という現状把握。

f:id:makimogpfb:20161125172712j:image

そこへ、1期最終回でテツ達とバトルした、大学の応援団団長(先の23話で頭を丸めて再登場)が声をかける。二人はうどん屋へ。特徴の飯テロ。画像は今回とジョー2脚本。

f:id:makimogpfb:20161125172823j:image

団長は自分の未熟さに悩み、泣く。ヤクザは好きかとテツに問われた団長は、ヤクザが大嫌いと回答。するとテツが、お前ええ奴やと言い、どこかへ連れていく。落ちる涙のアップがカイジ脚本とシンクロ。

f:id:makimogpfb:20161125172944j:image
一方拳骨はテツの異変をチエから聞き、危険な兆候だと警告。

拳骨曰く、テツは我慢しすぎると、ある日たまったガスのように爆発するから危険とのこと。話し方がカイジ脚本の船井と似てたから並べてみたw

f:id:makimogpfb:20161125173016j:image
そこへミツルが、組員3人の捜索願がヤクザ組から出されたと知らせに来る。拳骨はテツが3人を囲っていると確信。

テツが学校の講堂に向かうのを見たという情報がある事をチエから聞き、拳骨とミツルは慌てる。

その頃、テツは団長を伴い講堂に向かっていた。テツはここにヤクザを囲っており、ヤクザが大嫌いだという団長に、一緒にヤクザをどつこうと提案。

一方拳骨・ミツル・チエも学校へ。拳骨とミツルは、テツの悪行の拠点が講堂だと知っていた。

学校に向かう際、拳骨とミツルはテツの過去の悪行について話す。拳骨の台詞が長く、かつ名調子早口。これも高屋敷氏の特徴。ジョー1、2の脚本で実況台詞を数多く練った経験から培われたものかもしれない。
学校に着いた3人が塀を登る姿が可愛い(特徴)。

f:id:makimogpfb:20161125173358j:image

その頃テツも、過去に拳骨(当時のテツの先生)に怒られたことを思い出し、腹いせにヤクザをどつきに行く。取り残された団長は戸惑う。
一方拳骨達も講堂に到着。ランプのアップ(特徴)が入る。上げればキリがないが、カイジ破戒録脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20161125173444j:image

拳骨達は、テツがヤクザをどつこうとした現場を押さえる。

時は飛び(特徴:時系列操作)、チエ家にてヒラメの1日店員体験記を読み上げる拳骨の場面になる。ヒラメのナレ→読み手の拳骨の声にうまくスイッチするのも同氏特徴。カイジ2期脚本でも使われている。

f:id:makimogpfb:20161125173527j:image

純粋なヒラメは、23話にて嫌な客(ヤクザ)に対し我慢を続けたテツを見て感銘を受け、その事を作文を書いていた。チエやおバァはヒラメの純粋さに心打たれる。一方テツは天井裏で縛られていた。ランプや物が事柄を見ているのが同氏特徴だが、今回はテツが見聞きしているオチ。

f:id:makimogpfb:20161125173746j:image

  • まとめ

今回は、脚本手腕から判る同氏特徴が多め。ナレとのかけあい、時系列操作、文章の読み手のスイッチ、複数平行エピの取りまとめの上手さなど。どれもカイジ脚本においても使われている技術。
それにしてもチエ1、2期とも脚本の密度が濃い。

言い回しの特徴である、早口長台詞名調子も、存分に発揮されている。拳骨・ミツルの声優さんも見事。
全体の話は相当サイコだが、アイデンティティの着脱としての、同氏特徴「脱衣演出」が出ている(マサルの探偵コスや、テツの丸坊主からの復活)。

時系列操作の上手さは、カイジだと2期7・20・26話脚本で特に発揮されている。
ナレとの掛け合いはカイジ全編に及ぶ。ナレを重要キャラとするポリシーは、監督作の忍者マン一平で、ナレーター役の学校仮面を活躍させている事を見ても明らか。

チエ1期にて、ナレーション(小鉄)が初めて入ったのは高屋敷氏脚本回。それだけ、同氏作品においてナレーターの存在は重要。ナレーションが無い場合は、太陽やランプなど、全てを見渡せる物の「無言の間」が代わりを務めているのではないだろうか。

高屋敷氏は、演出と脚本とで、やることが同じなのだが、今回の凝った脚本技術を見るに、脚本に絞って行った理由が解るような気がする。また、「脚本」からでも毎度映像に表れる可愛さも、不思議な特徴。同氏脚本の不思議な能力を感じる回だった。