読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

チエちゃん奮戦記31話脚本:全てを「見て」いる猫の目

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。)

3部作の2話目。
直前30話概要:
チエとヒラメが保護した迷い猫は、東京のヤクザ組長の飼い猫だった。テツがその猫をペットショップに売ったのを知った組長は激怒(猫は無事に飼い主の元に戻った)。

いつもヤクザをどついてるテツは、それを聞き大喜び。襲撃に来るであろうヤクザ達を歓迎する準備をする。

  • ここから31話:

テツは、駅から百合根のお好み焼き屋までヤクザを誘導する張り紙を町中に貼り、お好み焼き屋の2階でヤクザを待つ。のっけから同氏特徴の紙&文字ギャグが沢山出てくる。紙ネタは挙げればキリがないが、黎明期の、ど根性ガエル演出と比較。

f:id:makimogpfb:20170116235317j:image

貼り紙を見たおバァはん・チエは互いに慌てる。おバァはんと反対方向からチエが来て、二人が合流するのだが、この演出、エースをねらえ!演出や、元祖天才バカボン脚本でも使われている。たまに効果的に使われる。

f:id:makimogpfb:20170116235357j:image

おバァはんとチエは、テツが貼った貼り紙を逆順に回収してまわる。貼り紙の始点は、駅だった。貼り紙にて、ヤクザを挑発する文にテツのイメージがオーバーラップする。これもよくある特徴。カイジ2期脚本と比較。 

f:id:makimogpfb:20170116235433j:image

一通り貼り紙を回収したチエとおバァはんは、アイスを食べて一休み。キンキンに冷えたアイスをまず味わうチエと、キンキンに冷えたかき氷をまず味わうカイジ(脚本)がシンクロ。奇跡か、あるいは、そういう食べ方が好き?
いずれにせよ、特徴の飯テロ。 

f:id:makimogpfb:20170116235510j:image

そこへ百合根がやって来て、今日1日、お好み焼き屋をテツに提供してテツを隔離するつもりだと言う。ヤクザが来なければ、テツは夜くらいには帰るだろうという算段。
その頃、お好み焼き屋で待ちぼうけのテツは長くて早口・名調子(特徴)の独り言を言っていた。

テツは貼り紙がはがされたのではないかと気付き、外に出る。そこでマルタ(ヒラメ兄)と鉢合わせ。迷い猫を保護したせいで、ヒラメ家は結果的にヤクザと電話連絡を取れる場所になってしまっていた。マルタはヤクザから電話があったと怖がり、テツにベタベタする(特徴) 。

f:id:makimogpfb:20170116235734j:image

マルタがテツにベタベタすがるのは、1期からの特徴。他の人の演出や脚本回でもそうなのだが、高屋敷氏脚本回では特にそれが出ている。マルタをテツが鍛える回の脚本を、高屋敷氏が1期で担当しているからかもしれない。好きな組み合わせなのかも。

テツはマルタの家でヤクザからの電話を待ち、お好み焼き屋の場所を伝えることに成功。待ちわびるテツは、ふとんカバーに「かんげえ東京ヤクザ様」と書き、お好み焼き屋の2回から垂らす(特徴・文字ギャグ)。それを見たモブ達のコメントが秀逸(特徴・優秀モブ) 。

f:id:makimogpfb:20170116235843j:image

テツの書いた垂れ幕を見たミツルは心配してチエ家を訪ねるが、おバァはんとチエは、テツが待ちぼうけをくらうはずだと、気楽に構えており、チエは上機嫌でホルモンを焼いていた。高屋敷氏脚本回では、チエが子供らしく陽気にホルモンを焼く場面が多いのが特徴。 

f:id:makimogpfb:20170116235925j:image

そこへジュニアがやってきて、小鉄に、ヤクザがお好み焼き屋に向かっていると報告。 一方小鉄はチエ家で百合根の酒の相手をしていた。

ジュニアは色々呆れて、一人で様子を見に戻る。

ここのチエ・小鉄・ジュニアのやりとりが興味深い。

チエは、ジュニアと小鉄に対し、男のくせにグダグダ喋るなと言う。するとジュニアは、「女のくせに、言うたら怒るくせに」と文句を言う。元祖天才バカボンの高屋敷氏演出回で、妻が夫を虐待する話があり、どちらも男性の受ける被害が描写されていて、時代先取り。

一方、東京ヤクザ一行はテツの待つお好み焼き屋に到着。

テツの垂らした垂れ幕について、組長と手下がボケ・ツッコミのやりとりをするが、高屋敷氏特徴の、連呼が入っている。また、組長はツッコミ時に黄金のパターを振り回すが、カイジ会長の杖とシンクロ。 

f:id:makimogpfb:20170117000346j:image

東京ヤクザ組長(以下・菊蔵)は、お好み焼き屋2階にてテツと対峙。対峙画面がカイジ2期脚本とシンクロ気味。

f:id:makimogpfb:20170117000428j:image
テツは菊蔵達を煽りに煽り、花札(カブ)勝負に持ち込む。先に疲れて寝たら、勝ちが帳消しになるルール。ジュニアはその様子を見て呆れる。 

夜、百合根は自宅(お好み焼き屋)の様子を見に行くと言う。チエはもしもの時のために、小鉄に酒を持たせる(百合根は酒を1升以上飲むと最強になる)。思いを伝える物=酒瓶が同氏特徴。

f:id:makimogpfb:20170117000538j:image

だが百合根と小鉄はその晩、帰ってこなかった。ここで今回は〆られ次回へ。

ちなみに次の32話では、菊蔵の親戚が出てきて、菊蔵の代わりにテツと勝負。死闘になるもダブルKOとなり、勝負の間、お好み焼きを焼きまくった百合根が儲かるオチとなり完結。

  • まとめ

特徴である紙&文字ギャグが山ほど出てくる。

あと気になるのは、一旦キンキンに冷えた状態を楽しむアイスの食べ方。これがカイジに引き継がれているのが奇跡。チエちゃん奮戦記1話脚本でも、うなぎ弁当の食べ方が出て来たり、かなり食べるのが好きそう。

興味深いのは、ジュニアのジェンダー?論。「男or女のくせに」という言葉の暴力に抗議している所を強調している。

男性も「男のくせに」という言葉に傷つくというのが今でこそよく論じられているが、時代先取り。元祖天才バカボン演出の逆DV描写然り。

また、ジュニアのもう一つの台詞も強調されている。「ちょっと(店が)繁盛したら、もうテツを放し飼いにしてること忘れてるやんけ」。

物語上、テツが成長したり変わったりする事は許されておらず、高屋敷氏脚本回だと、1期含め、それを憂う描写が多い。

今回にしても、シリーズ全体にしても、テツの放し飼い&飼い殺しが行われている。だから話が動く、というのもあるが…

高屋敷氏脚本回は、それを憂う描写が多い気がする。1期のボクサー編や、2期の、関取を倒した話など、テツの可能性を提示する話が多い。

今回、ジュニアの台詞の強調具合に、同氏の作家性が出ている。また、話全体をジュニアが客観的に見ており、そして呆れている。高屋敷氏の演出や脚本は、もの言わぬ自然や物が「見て」いる描写が多いが、今回は猫であるジュニアが「見て」いる回だった。