カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

チエちゃん奮戦記37・38話脚本:これがテツの生きる道(?)

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。)

冒頭、スリ注意を促す貼り紙が風ではためき、特徴である紙=キャラが出ている。伏線にもなっている。また、テツがカルメラ経営のラーメン屋でラーメンを食べており、特徴の飯テロ。

画像は今回と、カイジジョー2脚本。

f:id:makimogpfb:20170225135525j:image

そこへ顔面蒼白のカルメラ兄が帰ってきて、店の資金50万をスられたと言う。
その頃、スリをしたヤクザは獲得した金額の高さに驚くも、これを資金に強いヤクザを雇って、テツを倒そうと目論む。だが、その様子は、たまたま通ったコケザルに目撃される。

カルメラの不運を可哀想に思うチエ達は、警官であるミツルを伴ってカルメラ宅に行く。ミツルとカルメラは、1期でテツを取り合って喧嘩した事があり、不仲。それもあり、引きこもってしまう。ここで特徴の紙ネタ。ど根性ガエル演出と比較。

f:id:makimogpfb:20170225135644j:image

チエとヒラメは犯人を探すため、何やら情報を握っているコケザルを、ヒラメの怪力*1で吊し上げ、犯人の特徴を吐かせる。それを元に、ヒラメは犯人の似顔絵を作成。
ヒラメの怪力特訓に家具を使っており、同氏特徴が出ている(物=キャラ) 。

f:id:makimogpfb:20170225135822j:image

その頃、カルメラは犯人を探しに駅周辺をうろついていた。そこへ犯人ヤクザ二人と、ヤクザが雇った刺客が登場する。刺客は頭突きの強化のため、額に鉄板を埋め込んでいる大男(鉄板男)。偶然にも彼等にぶつかったカルメラ弟は、鉄板男にボコボコにされてしまう。

カルメラ弟は、お好み焼き屋に収容される。チエ達も合流して、犯人の似顔絵を見せ、テツを狙っている事情も話す。そしてチエとおバァはんは、刺客を倒せ、と小遣いなどをダシにテツに依頼。テツは喜んでヤクザ達を待ちわびる。ここも特徴の紙ネタ。 

f:id:makimogpfb:20170225135943j:image

だがしかし、ヤクザ達は中々来なかった。鉄板男が、てっちりやしゃぶしゃぶ等を報酬に求めたためである(特徴:食いしん坊)。そうこうしてるうちに、大晦日が来る。
ところで紙ネタその2。ルパン三世2nd脚本と比較。 

f:id:makimogpfb:20170225140110j:image

テツは、いつでもヤクザ達を迎え討てるよう、決闘場所に毎日通っていた。
拳骨の提案で、ヤクザ達が来たら、狼煙がわりに花火を上げようということに。そしてとうとうヤクザ達が来て、花火があがる。ここで次回へ。
画像は花火シンクロ集。今回、ベルばらコンテ、ジョー2脚本。花火もキャラ。 

f:id:makimogpfb:20170225140333j:image

とうとうヤクザ達とテツが決闘…という所で、自分達でケジメをつけたいカルメラから石をぶつけられ、テツは気絶。百合根も同様に処理される。カルメラはヤクザ達に特攻、鉄板男以外は倒すことができた。1期でカルメラが意外に強い話があり、それも高屋敷氏脚本。 

f:id:makimogpfb:20170225140420j:image
鉄板男を何とかしようということで、小鉄達がランプ(特徴)でテツを照らし、鉄板男をおびき寄せる。画像はランプ(懐中電灯)集。 今回、らんま・カイジ2期脚本、忍者マン一平監督。 

f:id:makimogpfb:20170225140535j:image

鉄板男の頭突きで目が覚めたテツは、鉄板での痛みに耐え、やられたらやり返す本能で、鉄板男を見事倒す。代償として、顔は鏡餅のように膨れ上がったが。おバァはんに言われ、ヨシエが、勝ったテツを迎えるための紙吹雪を作っているが、カイジ脚本とシンクロ(特徴の紙ネタ)。 

f:id:makimogpfb:20170225140629j:image

かくして鉄板男を倒したテツは、皆に歓迎され、一件落着。大晦日に仲間が集まるのは、同氏担当話によくある。挙げればキリがないが、ど根性ガエル演出と比較。

f:id:makimogpfb:20170225140741j:image

年明け、元旦をろくに過ごせなかったテツのため、皆は正月をやり直す。ここでも特徴の紙ネタ。 

f:id:makimogpfb:20170225140854j:image

テツはチエと二人きりで初詣に行きたいと言い出す。だがそれはブラフで、鉄板男が入院している病院へ行くのが目的だった。 

テツは、屋上に逃げた鉄板男を探す。ここで出崎統的屋上・洗濯物演出が出てくる(特徴:出崎演出持ち込み)。そして、シーツもキャラとしての役割がある。
画像は今回とジョー2脚本。 

f:id:makimogpfb:20170225141142j:image

結局鉄板男はテツに見つかり、土下座する。また、手術で頭の鉄板を取ってもらった事を話し、鉄板をチエ達に見せる。カイジ2期脚本と、奇跡的にシンクロ。また、鉄板もキャラとして扱われている(特徴)。 

f:id:makimogpfb:20170225141232j:image

テツより先に帰宅したチエは、おバァはんとヨシエに鉄板を見せる。鉄板は、なんとテツの石頭のせいで、テツの額の形に湾曲していた。これにはおバァはん達も震撼する。
画像は、同氏特徴の、何かを語る物達。今回は強さ。ジョー2・一歩3脚本と比較。 

f:id:makimogpfb:20170225141311j:image

その頃テツは、鉄板男にカブをやろうと持ちかけていた。なんとなくカイジ脚本と比較(カブとブラックジャックの遊び方が似てるため)。

f:id:makimogpfb:20170225141348j:image

どのみちテツの頭突きを食らうことになる賭けなので、鉄板男は恐れて病室を飛び出すのだった。 

  • まとめ

シリーズ終盤に一大決戦を持ってくるのは、1期の踏襲。1期のバトルはヨシエが全部持っていったが、今回は高屋敷氏らしく、テツが見事な強さを発揮する。1期でも、同氏はテツが東洋チャンプと互角だったボクシング回を担当している。

色々見ていくと、同氏はテツを不憫に思っているのでは?と邪推してしまうのだが、今回はその鬱憤を晴らすように、テツの力が存分に発揮され、しかも皆に誉められる(大晦日限定)。
また、カルメラの為に皆が奔走した話であり、特徴の義理人情・仲間愛が出ている。

あと、何本もの平行エピをさばいて合流させる脚本術も存分に発揮されている。今回は相当エピ数が多く、それらを複雑に絡めている。全てを説明するにはとてもじゃないが字数が足りない。

今回の快勝は、同氏演出ルパン三世2ndの、数万個のダイヤをゲットするルパン快勝話を思わせる。ルパンは知恵を使うが、テツは本能w
また、バトル話なので、ジョー2脚本からの引き出しも多い。チエが「相手は足にきてる」等セコンドめいたことも言う。

また、今回は「男の世界」な話でもある(同氏特徴)。ケジメをつけようとするカルメラは、普段の姿から一変して強さを見せるし、テツも本来の強さを見せる。また、37話冒頭、小さくカタギにまとまろうとするカルメラを、テツがいさめる場面もある。

テツとカルメラの会話から、男の生きる道は生きがいがないといけない(特徴)というメッセージも感じられる。これは監督作の忍者マン一平でも、カイジ構成・脚本でも込められているテーマ。シリーズ終盤にして、テツとカルメラの魅力を見せた回だった。

チエちゃん奮戦記の高屋敷氏脚本回は、これで最後。シリーズを通して見ると、1期が全て頭に入っているとしか思えない話運び。同氏の脚本は、テツを何とかしてやりたいという思いが強い気がする。なので最後はテツの快勝で終わるのは痛快だった。

*1:どんくさいと言われると発動