カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

らんま1/2 13話脚本:性別問わず発揮される「男の美学」

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。)

らんま1/2は、高橋留美子原作の格闘ラブコメ。高校生の格闘家・早乙女乱馬は、修行中の事故が原因で、水をかぶると女に、お湯をかぶると男に戻る体質になってしまった。
あらゆる格闘勝負をこなす乱馬は今回、女の姿で九能小太刀と格闘新体操対決をする。

のっけから特徴である、太陽やランプの意味深アップ・間が発生(天やランプは、全てを“見ている”重要キャラ)。
下記画像は今回、ジョー2脚本、元祖天才バカボン演出、ワンナウツ脚本。

f:id:makimogpfb:20170730162927j:image
下記画像は今回、RIDEBACKカイジ2期・ジョー2脚本。

f:id:makimogpfb:20170730163024j:image

前回、小太刀に隙を突かれて、子ブタのPちゃん(乱馬のライバル・良牙の変身した姿。湯をかけると元に戻る)と鎖で繋がれてしまった女らんまは、苦戦を強いられる。だが、その鎖を回転させ、らんまは様々な攻撃をする。ど根性ガエル演出(出崎哲氏コンテ)と比較。 

f:id:makimogpfb:20170730163106j:image

小太刀は男乱馬に惚れているが、目の前にいる女らんまが乱馬と同一人物とは知らない。
更に小太刀は、らんまが男乱馬を好いていると誤解。奇妙な体勢でらんまを煽る。一歩3期脚本・DAYS脚本と比較。 

f:id:makimogpfb:20170730163132j:image

小太刀の兄、九能帯刀(女らんまにベタ惚れ)も乱入し、事態はさらにややこしくなる。らんまは「俺と乱馬は一心同体なんだ」と意味深発言をし、誤解は加速。「一心同体」を強調するあたり、ど根性ガエルスタッフだった同氏の思い出が窺える。

互いの実力は拮抗し、試合は白熱する。格闘新体操は、道具を使って攻撃するのがルール。物=魂のあるキャラと捉える高屋敷氏のポリシーとマッチし、道具が生き物のように描写される。
また、実況は、どんな事があっても実況をやめない名実況。ジョー2脚本の実況と比較。 

f:id:makimogpfb:20170730163217j:image

そして一旦、試合会場の外の様子が描写される。外からでもマイクで実況の声が聞こえ、これが早口長台詞名調子(特徴)。
驚いたことに、ここで出崎演出的な鳥の描写が出てくる(特徴:長年一緒に仕事した出崎氏の演出持ち込み)。家なき子演出、じゃりん子チエ・カイジ脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20170730163300j:image

らんまのしぶとさに業を煮やした小太刀は熱湯攻撃をしかける。
らんまは必死に逃げ回るが、ついにお湯をかけられ、一瞬男に戻ってしまう。しかし危機一髪、セコンドのあかね(乱馬の許嫁)がホースで放水し、女の姿を維持。
元祖天才バカボン演出、チエ・カイジ2期脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20170730163435j:image

らんまの根性により、試合は続行。
同氏の過去作・未来作と画像が似てくる怪現象が多発。脚本は絵を管理できないので毎回不思議。
下記は今回、ジョー2・カイジ脚本。

f:id:makimogpfb:20170730163538j:image

下記は今回、カイジ2期脚本。

f:id:makimogpfb:20170730163615j:image

下記は今回、ジョー2・一歩3期脚本。

f:id:makimogpfb:20170730163655j:image

場面は転じ、リング下で待機する、小太刀の手下達が描写される。ここはアニオリで、モブ達が秀逸(特徴)。
画像は懐中電灯あそび集。今回、カイジ2期脚本、監督作忍者マン一平。 

f:id:makimogpfb:20170730163727j:image

モブ達の会話が楽屋ネタ的。あくまで想像だが、下記のように推測(敬称略)。
ひろし:ど根性ガエルから=ど根性ガエル総作監で、らんま監督(途中降板)の芝山努
ミッチ:望月智充(らんま監督)
ジュンコ:アニメーター池田淳子
サチ子:ジョーから=高屋敷英夫
ユッコ:演出家の須田裕美子
松下:松下洋子P

f:id:makimogpfb:20170730163924j:image

このモブ達が何故リング下にいるかというと、リングを動かして、小太刀をリングアウトさせないようにするため(特徴:仲間愛)。
リングアウトしそうになった小太刀はこの大技を使うが、らんまにばれて、マットが破壊される。モブ達は退散。ここもモブ描写が秀逸(特徴)。

f:id:makimogpfb:20170730164049j:image

足場がなくなって、どちらかがコーナーポストから落ちれば負けの状態に。
熱くなったらんまは、小太刀を蹴落とそうとするが、これは道具を使っていないためルール違反。
画像は、錯乱して反則をしてしまう人達。今回、ジョー2・一歩3期・カイジ2期脚本。 

f:id:makimogpfb:20170730164121j:image

そこでらんまは知略(特徴)を使い、小太刀の立っているポストを折る。道具を使ったと認められ、小太刀のリングアウト負けとなる。
死闘を制したらんまは満身創痍に。ジョー2脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20170730164200j:image

試合に負けたら、男乱馬への想いを絶つ約束だった小太刀は、約束を履行すると言うも、涙を流す。それを見たらんまは、女の子を泣かせてしまった…というような気まずい表情に(特徴:男の美学にこだわる)。 

f:id:makimogpfb:20170730164235j:image

試合後、夕陽の間が発生する(特徴)。
下記は今回、家なき子演出、ベルばらコンテ、元祖天才バカボン演出。

f:id:makimogpfb:20170730164302j:image

帰宅後、らんまとPちゃんは風呂に入り、男に戻る(特徴:脱衣演出としての裸)。DAYS脚本と比較 。

f:id:makimogpfb:20170730164340j:image

夜、池の側に佇む乱馬は、男状態の時に九能帯刀から赤バラを、女状態の時に小太刀から黒バラを託される(特徴:贈り物)。それぞれの異性にあたる乱馬に花を渡してほしいとのこと。迷惑な贈り物ということで、監督作忍者マン一平と比較。 

f:id:makimogpfb:20170730164421j:image

小太刀は、今までの乱馬への想いを諦め、新しい乱馬への想いに燃えることにしたのだった(特徴:不屈の精神)。
九能兄弟の想いを乗せ、赤バラ・黒バラの花びらが風に舞うのだった(特徴:自然もキャラと捉える)。めぞん一刻脚本、監督作忍者マン一平と比較。 

f:id:makimogpfb:20170730164448j:image

  • まとめ

高屋敷氏のらんま脚本は、これ1回きりなのだが、特徴が満載の上、過去作・未来作とのシンクロ現象が起こりまくる。大分前に視聴済みだったのだが、見る度に戦慄。

特に冒頭の太陽やランプのアップ・間が、演出時代から変わらない特徴で驚く。

この、絵を管理できない「脚本」からでも、過去作・未来作と映像がシンクロしてくる怪現象について自分なりに推測すると、画を想像しやすい脚本なので、シチュエーションが合えば、完成映像が似てくる…ということなのかもしれない。

また、コンテや演出が同氏と縁が深い人達だと、更にシンクロ怪現象が多発する。切っても切れない縁の出崎兄弟や、今回の演出コンテの望月智充監督(もう一人の監督の芝山努氏は多忙のため降板)などは、同氏の好きな表現を熟知している感がある。

ちなみに高屋敷氏監督作の忍者マン一平にて、望月智充氏は演出を1回だけ務めている。
そして、ときめきトゥナイトの望月氏の演出回を見るに、結構出崎演出に影響を受けているように思えた。
そうなると、高屋敷氏と望月氏の想像する画はかなり共通したかもしれない。

あと今回、名演を披露した実況役の井上遥さんは、高屋敷氏監督作の忍者マン一平にて、主役の一平の声を務めている。なんというか、この1話内に色々と高屋敷氏の縁のある人達が集まっているのも奇跡。

話の内容では、高屋敷氏がこだわる「男の美学」が見えてくる。これは性別・容姿・年齢問わず発揮され、めぞん一刻脚本でも、女子高生の八神などが時折男らしさを発揮していた。
演出参加したエースをねらえ!も、出崎統監督のポリシーで、男メンタルの女子が多い。

らんまは女の姿ながら、小太刀を傷つけずに勝利したし、女の子を泣かせてしまった事を申し訳なく思うなど男らしく、それが強調されている。
エースをねらえ!では、男らしい女子キャラに当惑することが多かったが、らんまの体質なら自然に男らしさを発揮できる。

高屋敷氏の持つ「男の世界」「男の美学」はどんな作品に対しても適用されており、めぞん一刻脚本・最終シリーズ構成でも如何なく発揮されていた。
アカギやワンナウツカイジ(シリーズ構成・脚本)は男ばかりの世界なので、さらに相性が良いのかもしれない。

今回はリング上の勝負ということで、ジョー2脚本経験者の高屋敷氏が得意分野を生かせている。
そして今回も、台詞ではなく映像で魅せる脚本になっている。
多発するシンクロ怪現象も、同氏が常に映像を意識した脚本を心がけているからだと、あらためて思えた。