カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

おにいさまへ…23話脚本:複雑な誕生日

アニメ・おにいさまへ…は、池田理代子氏の漫画をアニメ化した作品で、華やかな女学園を舞台に様々な人間模様が描かれる。
監督は出崎統氏で、高屋敷英夫氏はシリーズ構成(金春氏と共同)や脚本を務める。
今回のコンテは須利耶圭(誰かの変名?)氏で、演出が吉村文宏氏。そして脚本が高屋敷英夫氏。

───

当ブログの、おにいさまへ…に関する記事一覧(本記事含む):

http://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%B8%E2%80%A6

───

  • 今回の話:

アニメオリジナルエピソード。蕗子(学園の社交クラブ・ソロリティの会長)の謎めいた振舞いに接し、奈々子は蕗子に畏怖の念を抱く。
そうこうするうち、蕗子の誕生パーティーの日になる。れい(蕗子の、姓が異なる妹)は蕗子のためにバイオリンを弾くが、蕗子は激怒する。

───

蕗子(学園の社交クラブ・ソロリティの会長)の別荘で、彼女の謎めいた振舞いに接した奈々子は彼女を畏怖し、仮病を使って学校を休む。
そんな奈々子を、智子(奈々子の幼馴染)がケーキ持参で見舞う。飯テロは高屋敷氏の定番。MASTERキートン・怪物くん(脚本)、元祖天才バカボン(演出/コンテ)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123153j:image

奈々子と智子は海岸を散歩する。智子は仮病を使ったことを察して奈々子を小突く。可愛かったり幼かったりする友情を描くのは、高屋敷氏の得意分野。DAYS・F-エフ-(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123217j:image

奈々子は智子に、蕗子の別荘地に行った土産として、鈴を渡す。
高屋敷氏が演出参加した宝島では、レッドルースが鈴を大事にしており、それが思い出される。

f:id:makimogpfb:20190505123244j:image

智子は、蕗子の別荘で何かあったことは察するが(22話参照)、深く追及しないことにし、駆けっこがしたいと言い出した奈々子に付き合う。共に走ることで友情を表現するのは、グラゼニ・DAYS(脚本)などでも見られる。

f:id:makimogpfb:20190505123307j:image

そして、全てを見ているような夕陽が映る。長年一緒に仕事した出崎統氏(本作監督)ゆずりの意味深な夕陽描写は頻出。めぞん一刻(脚本)、家なき子(演出)、F-エフ-(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123331j:image

夜、奈々子の家の門の灯が映る。ランプのアップ・間は、とにかく高屋敷氏の担当作に数え切れないほど出る。空手バカ一代(演出/コンテ)、宝島(演出)、ワンナウツ(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123402j:image

蕗子は奈々子に電話し、別荘地の湖での出来事(前回参照)を謝り、奈々子は、今日の欠席は単なる風邪だと弁明する。
話しながら、蕗子はバラの花びらを千切る。
心情や状況に連動する花の描写は、結構ある。めぞん一刻MASTERキートン・らんま(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123432j:image

翌朝、蕗子は岬にある墓地に赴く。風見鶏が意味深に動く場面があるが、こういった「物」の動きで心情や状況を表す描写は、よく出てくる。ベルサイユのばら(コンテ)、マッドハウス版XMEN・あしたのジョー2(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123502j:image

墓地に着いた蕗子は、姓の異なる妹・れい(謎めいた上級生)の母の墓参りをする。
先に墓前にいたれいと蕗子が話す場面で、船が横切っていく。出崎統氏ゆずりの船描写も、色々な作品で出る。F-エフ-(脚本)、宝島(演出)、MASTERキートン(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123529j:image

後日、蕗子の誕生日パーティーが催される。ここでもランプ(シャンデリア)のアップ・間がある。カイジ2期(脚本)、ルパン三世2nd(演出/コンテ)、ベルサイユのばら(コンテ)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123550j:image

奈々子は(色々迷った結果)、誕生日プレゼントとして手作りクッキーを蕗子に渡し、蕗子は、奈々子らしいと言って喜ぶ。
心を込めて焼いたクッキーをプレゼントするのは、コボちゃん(脚本)にもあった。

f:id:makimogpfb:20190505123613j:image

蕗子は、誕生日ケーキの蝋燭の火を吹き消す。「火」の描写もまた、色々な作品で目立つ。コボちゃん蒼天航路・F-エフ-(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123634j:image

れいは蕗子に捧げるつもりで、いつも蕗子が密かに弾いていた曲をバイオリンで弾く。
それを聞いた蕗子の手が震える。「手」による感情表現は多い。グラゼニ・F-エフ-(脚本)、宝島(演出)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123702j:image

激怒した蕗子は、ナイフでバイオリンの弦を切った上、れいを罵り、部屋に籠る。
誕生日が台無しになる展開は、チエちゃん奮戦記(脚本)、元祖天才バカボン(演出/コンテ)、MASTERキートン(脚本)が思い出される。

f:id:makimogpfb:20190505123727j:image

ドア越しに、蕗子は「私が一番嫌いな曲を、あなたは弾いたのよ」とれいを非難する(れいは、蕗子が一番好きな曲だと思い込んでいた)。ここでも風見鶏が映り、雷が鳴る。
雷描写は結構ある。コボちゃん・怪物くん・アカギ(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123757j:image

結局パーティーはお開きとなる。男嫌いのマリ子(奈々子の級友で、ソロリティメンバー)は、武彦(奈々子の文通相手で、蕗子の兄の友人)の傘になんか入るなと言って奈々子を引っ張る。ここも、幼い友情描写。グラゼニ(脚本)、ど根性ガエル(演出)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123829j:image

夜、蕗子は焼却炉の前に佇む。ここも「火」の意味深描写。F-エフ-(脚本)、ベルサイユのばら(コンテ)、ど根性ガエル(演出)と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123855j:image

武彦から貰った花束と、奈々子から貰ったクッキーを、蕗子は焼却炉に投げ入れ、鬼気迫る表情になるのだった。
一見エレガントな人が見せる怖い一面として、カイジ2期(脚本)の一条と比較。

f:id:makimogpfb:20190505123915j:image

  • まとめ

「人間には色々な側面がある」ことを描くのは高屋敷氏のポリシーであるが、その手腕が遺憾なく発揮されている。

また、原作では記述が短かった蕗子の愛憎を、ここまで掘り下げることができるのか…と、同氏の脚本/シリーズ構成技術にも感心しきり。

1980年版鉄腕アトムカイジ(1期・2期)の脚本では、ページ数の多い原作を超圧縮する技術が使われていたが、ルパン三世(2期・3期)や本作は、短い原作を膨らませる工夫が見られる。
そのため、本作はアニメオリジナル多めで、高屋敷氏の意向が直球で出ており、収穫が多い。

あと今回も、風見鶏はじめ「物」の意味深な描写が連発される。毎度「脚本」でもこうなるのが不思議だが、それだけ映像になったらどうなるのかを見越した脚本なのかもしれない。

そして、原作を膨らませるだけでなく、話の密度が相変わらず濃いのも凄い。とても22分前後の尺とは思えないほど、色々なストーリーが詰まっており、時間の使い方について、改めて考えさせられる。

高屋敷氏の担当作に、誕生日が滅茶苦茶になる話が結構あるのも、並べてみて面白かった。今回はアニメオリジナルな事から考えると、好きな展開なのかもしれない。

元祖天才バカボン(演出/コンテ)の、本官さんの誕生日の話は、彼のアイデンティティについて考えさせられる作りになっていた。今回含めた22~24話も、誕生日というものを絡めながら、「蕗子とは何か」を突き詰めている。つまり、高屋敷氏的テーマ「自分とは何か」に繋がって行っている。

今回もまた、複雑な人間関係やストーリーを捌いていく脚本/シリーズ構成の巧みさは流石で、じゃりン子チエの脚本経験が活用されているのを感じる。
高屋敷氏を通し、じゃりン子チエ高畑勲監督のテイスト/技術と、出崎統監督の意向が合体しており、その面でも本作は面白い。