カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

F-エフ-4話脚本:天才同士の関係

アニメ・F-エフ-は、六田登氏の漫画をアニメ化した作品。破天荒だが天才的なドライビングテクニックを持つ青年・赤木軍馬が、様々なドラマを経てレーサーとなり、数々の勝負を繰り広げていく姿を描く。
監督は真下耕一氏で、高屋敷氏はシリーズ構成・全話脚本を務める。
今回は、コンテが石山貴明氏、演出が杉島邦久氏、脚本が高屋敷英夫氏。

───

  • 今回の話:

軍馬のメカニックになるべく上京したタモツは、軍馬と合流し、同じアパートに住むことに。
タモツの知人・森岡の店にて、中古のレーシングマシンに魅了された軍馬は、タモツの預金を勝手に使い購入。
だが、その金は、軍馬の異母弟・雄馬が、軍馬のために用意した金で、タモツの実際の預金は無事。タモツは全てお見通しだったのだ。
そしてタモツは純子に、軍馬が免許を取れるよう指導して欲しいと頼みこむ。

───

本記事を含めた、当ブログにおけるF-エフ-の記事一覧:

http://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23F-%E3%82%A8%E3%83%95-

───

冒頭は、軍馬がタモツに宛てた嘘八百の手紙を、軍馬が読み上げる形で、これまでが振り返られる。アニメオリジナルの構成で、プチ総集編になっており、うまくまとまっている。
じゃりン子チエ脚本でも似たような方式のプチ総集編があり、そちらも、まとめ方が上手かった。
カイジ2期1話脚本冒頭の、1期のまとめ方も上手い。
脚本面での高屋敷氏の特徴の1つに、「まとめが上手い」というのがあり、これは、未視聴だが、劇場版「がんばれタブチくん」の「構成」(様々なエピソードを映画1本にまとめる)を務めた経験が生きているのかもしれない。

タモツ(軍馬の親友で、天才メカニック)は、軍馬の嘘八百の手紙をもとに、何とか軍馬の住むアパート・小森荘に辿り着く。軍馬はタモツを歓迎し、抱きつく。
これはアニメのオリジナル部分で、可愛く微笑ましい友情描写は、高屋敷氏の得意とするところ。
ど根性ガエル演出、チエちゃん奮戦記脚本、家なき子演出、めぞん一刻脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004007j:image

夕飯の時間には、軍馬がタモツに、「ばあちゃん(小森荘の大家)の作る飯は天下一品だ。食わなきゃ成仏できねえぞ」と言う。
ここもアニメのオリジナルで、高屋敷氏の特徴である、食いしん坊描写や、お年寄りに優しい描写が出ている。
画像は食いしん坊集。今回と、監督作忍者マン一平コボちゃん脚本。

f:id:makimogpfb:20180610004046j:image

翌朝タモツは、知人である森岡のモーターショップに軍馬を連れて行き、中古のFJ1600用レーシングマシンを見せる。
それを見た軍馬は、目の色が変わる。
スイッチが入ると豹変するのは、カイジ(脚本・シリーズ構成)も同じ。

f:id:makimogpfb:20180610004139j:image

マシンの値段は、約100万円。タモツは、家を出て行く替わりに山一個もらったという、軍馬の(嘘八百の)手紙のことを話題にする。
すると、釣竿の浮きがはねる描写が一瞬挿入される。「もの言わぬもの」に色々な役割を与えるのは、高屋敷氏の大きな特徴。
チエちゃん奮戦記脚本、ベルサイユのばらコンテと比較。

f:id:makimogpfb:20180610004213j:image

手紙の嘘を本当にするべく、軍馬は一旦実家に行き、異母兄・将馬に、百万円くれと言うも、将馬は、父・総一郎に切った啖呵(と、器物損壊)が問題だとして、二度と家の周りに顔を出すなと言う。
ここもアニメオリジナルの展開で、後の伏線と思われる。
ユキ(軍馬を慕う、赤木家の使用人)も意味深に描写される。

更にアニメオリジナル展開は続き、タモツは本屋にて、聖(軍馬の後のライバル)がモータースポーツ雑誌に載っているのを見つける。聖を極力登場させる、高屋敷氏の意図が見える。

雑誌を購入したタモツは、トラクターに乗って東京に帰ってきた軍馬と鉢合わせる。

金のことがバレそうになるも、軍馬は、タモツの買った雑誌がエロ本だと思い込んでからかい、その拍子にトラクターがバランスを失う。だが軍馬の卓越した運転技術で、何とか危機を脱する。
ここも軍馬とタモツの友情が微笑ましい感じで、高屋敷氏の特徴が出ている。
コボちゃん脚本、元祖天才バカボン演出/コンテ、DAYS脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004348j:image

アパートに帰った軍馬とタモツは、レースカーが不調で困っている純子達(小森荘の住人)を見かける。軍馬は、タモツが優秀なメカニックだと紹介、タモツに、車を見るよう促す。タモツは能力を発揮し、純子達と打ち解ける。
高屋敷氏のテーマの1つに、孤独救済があり、ここの場面で強調されている。
めぞん一刻脚本、元祖天才バカボン演出/コンテと比較。

f:id:makimogpfb:20180610004434j:image

ちなみに上述の、タモツと純子達の交流のくだりは原作通りだが、時系列が操作されている。高屋敷氏は、時系列操作も巧み。

一方軍馬は、資金の事で悩むも、息抜きに、タモツが買った本を開く。エロ本ではなく、モータースポーツ雑誌とわかり落胆する軍馬だったが、聖の記事を見つけ、雑誌を床に叩きつける。ここもアニメのオリジナルで、紙媒体をうまく使う、高屋敷氏らしさが出ている。エースをねらえ!演出、ど根性ガエル演出、怪物くん脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004528j:image

また、この記事が、一刻も早くレーサーになりたいという、軍馬の焦りを増大させており、うまい追加要素。

軍馬はさらに頭を悩ませ、逆立ちしてみる。これもアニメのオリジナル。監督作の忍者マン一平に、何でも逆さまにする忍者が出てくるほか、考え方を変えるという演出として、カメラを傾ける描写が、元祖天才バカボンの演出/コンテや脚本に出てくる。他の作品にも、こういった描写は幾つか見られる。

f:id:makimogpfb:20180610004626j:image

タモツの、「貯金がある」という言葉を思い出した軍馬は、タモツの部屋にこっそり向かう。ここまでは原作通りだが、軍馬を罰するように、画ビョウが軍馬の足に刺さるのはアニメオリジナル。高屋敷氏は、物が意思を持つかのように描写する。
元祖天才バカボンでも、ノコギリがパパを制裁する回の演出/コンテをしている。

f:id:makimogpfb:20180610004718j:image

軍馬はタモツの部屋を物色し、タモツの通帳を発見。預金は100万円。
ここで、時計が意味深に描写される(アニメオリジナル)。ここも、高屋敷氏がよく使う、「もの言わぬもの」の意味深描写。コボちゃんめぞん一刻カイジ2期脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004749j:image

夜、タモツと純子・啓太・ヒロシはすっかり打ち解ける。ここでも、洗い物描写の「間」が形成されている。
めぞん一刻コボちゃん脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004817j:image

軍馬がタモツに宛てた手紙の、自分についての記述(「ハクい教官と関係を持った」)をタモツから聞いた純子は憤慨し、帰宅した軍馬を殴る。
その拍子に、軍馬の服のポケットから、タモツの通帳が落ちる。
それを拾ったタモツは、預金がなくなっていることに驚愕。
問い詰めるタモツに軍馬は、開きなおって、マシンを買ったと話す。更に、手紙が嘘八百であったこともバラす。
ここで、アニメオリジナルとして、キャラクターの感情と連動して吹き零れる鍋が描写される。
こういった、意思を持つかのように「物」が動く描写は、高屋敷氏の大きな特徴。めぞん一刻忍者戦士飛影あしたのジョー2・チエちゃん奮戦記脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610004919j:image

軍馬は、モタモタしてるわけには行かないこと、絶対にレーサーになるという決意があることをタモツに話し、「テメーの財産は、この俺だ」と宣言。
それを聞いたタモツは、真剣な顔つきになり、その言葉を忘れるなと言って部屋に戻る。

f:id:makimogpfb:20180610004948j:image

部屋に戻ったタモツは、「思ったよりうまく行った」と、内心思う。手紙が嘘だらけというのは、タモツには予想がついていたのだ。また、軍馬みたいな男と付き合っていくには、貸しを作っておいた方がいいというのも、タモツの考えだった。
原作通りだが、知略を使った駆け引きは、カイジ脚本・シリーズ構成はじめ、多くの作品で強調されている。

軍馬が使ってしまった金は、実は軍馬の異母弟・雄馬が、軍馬のために用意したものだった。心配して部屋を訪れた純子に、タモツはその事を話し、自分の本当の通帳は、床下に隠してあることも打ち明ける。原作では、この真実を純子に打ち明けたりはしないのだが、純子が軍馬に愛想をつかさないようにしたいという、タモツの思惑が描かれている。

タモツは、自動車教習所の教官でもある純子に、軍馬が免許を取れるよう、彼に個人授業をして欲しいと、土下座して頼みこむ。ここは、原作の時系列を操作しており、前述の通り、タモツが純子に真実を打ち明けたことが効いている。
これも、うまい改変だと思う。

f:id:makimogpfb:20180610005151j:image

タモツは、軍馬(の才能)は「本物」だと言い、真剣に純子を見つめる。「本物」という言葉に、純子は戸惑う。
アニメオリジナルで、意味深に時計が映る。ここも、高屋敷氏が使う、「物」の活躍描写。コボちゃんカイジ脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20180610005229j:image

  • まとめ

サブタイトルの「男の友情ウラオモテ それでも夢は世界一」の通り、タモツと軍馬の、複雑な関係が描かれる。
前半~中盤に、タモツと軍馬の仲睦まじさ(高屋敷氏の得意分野)を、アニメオリジナルで描いたことが、後半の、軍馬の酷い行動と、それをお見通しのタモツの賢さを引き立たせている。

軍馬とタモツの関係は、ただの仲良しというだけでなく、互いの才能を評価し合い、共にレースをやるという夢に向かう関係でもある。まさにサブタイトル通り、「それでも夢は世界一」なのだ。

そう思うと、ラストでタモツが純子に言う「本物」は、色々な意味で、かなり重い意味を帯びてくる。また、そう感じられる構成になっている。

また、雑誌の記事に載る形で聖が登場するが、これも、アニメの上手い追加になっている。アニメは、とにかく聖を登場させる方針があり、軍馬と聖の、後の関係を示唆する形になっている。今回も、軍馬が早くレーサーになりたいと焦る原因を作っている。

そして、「時計」の意味深描写。これも、モタモタしていられない軍馬とタモツの焦燥を、よく表している。
時計だけでなく、あらゆる「もの言わぬもの」が「活躍」しており、高屋敷氏らしさが出ている。元祖天才バカボン演出/コンテなど、演出時代からの特徴であるが、脚本でも、それがやれるのは、毎回不思議。

あと、3話のタモツの上京シーンにて、アニメオリジナルでユキと雄馬が見送りに来ていたことが、100万円=雄馬が軍馬のために用意した金であるということの、上手い伏線になっている。

このように、アニメオリジナル場面は、重要な伏線や、原作の大きな補完になっており、意義が大きい。

本作は、アニメオリジナル部分の殆どが、うまいことはまっており、毎回感心させられる。時系列操作の巧みさも光る。
オリジナル部分は、「意味・意義」がなくてはならない、という心意気を感じる。
それでいて、まるで原作通りかのような錯覚もおぼえる。
今回も、原作つきアニメに使われている、複雑で高度な技術を感じた。