カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

オヨネコぶーにゃん3C話脚本:理屈と筋道

アニメ『オヨネコぶーにゃん』は、市川みさこ氏の漫画をアニメ化した作品。
ゆでた家に押しかけた、ふてぶてしい猫・オヨヨ(ぶーにゃん)を中心にしたギャグが繰り広げられる。
総監督:笹川ひろし氏、監督:葛岡博氏、シリーズ構成:金子裕氏。

───

本記事を含む、当ブログの、オヨネコぶーにゃんに関する記事一覧:

https://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%82%AA%E3%83%A8%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%81%B6%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93

───

  • 今回の話:

サブタイトル:「ライバルひなぎく

コンテ:森脇真琴氏、演出:塚田庄英氏、脚本:高屋敷英夫氏。

原作にもあるエピソード。たまご(オヨヨの飼い主)と、ひなぎく(たまごの同級生)は、モンブラン(たまごの同級生)を巡って熾烈な戦いを繰り広げる。

───

学校にて、たまご(オヨヨの飼い主)は、いい雰囲気になっている同級生・モンブランひなぎくを見かけ、嫉妬する(アニメオリジナル)。
三角関係描写は、めぞん一刻・F-エフ-(脚本)でも印象深い。

f:id:makimogpfb:20211009234727j:image

そこで、たまごは、皆で宿題をしていると偽り、モンブランを家に招く。それを立ち聞きしたオヨヨと、うずら(たまごの弟)は悪巧みをする(アニメオリジナル)。
アンパンマン(脚本)、元祖天才バカボン(演出/コンテ)、忍者戦士飛影(脚本)ほか、悪知恵の働くキャラは多い。

f:id:makimogpfb:20211009234801j:image

モンブランを待つ間、たまごは、鏡を見て身だしなみを整えるが、鏡に本音を言われ怒る(アニメオリジナル)。ベルサイユのばら(コンテ)、ルパン三世2nd(演出/コンテ)、カイジ2期(脚本)ほか、鏡描写は色々な作品に見られる。

f:id:makimogpfb:20211009234832j:image

そして、モンブランが来る。オヨヨは、たまごの意図を知っているとして、たまごから口止め料をせしめる(アニメオリジナル)。悪知恵で金を稼ぐ場面は、めぞん一刻(脚本)や元祖天才バカボン(演出/コンテ)ほか、数々の作品にある。

f:id:makimogpfb:20211009234901j:image

だがそこに、ひなぎくが訪ねてくる。たまごは、モンブランがいるのを隠そうとするが、結局ばれて、ひなぎくも一緒に宿題をすることに。熾烈な恋の争いは、めぞん一刻(脚本)を彷彿とさせる。

f:id:makimogpfb:20211009234929j:image

たまごは、ひなぎくに嫌がらせを仕掛ける。ここもまた、めぞん一刻(脚本)や忍者戦士飛影(脚本)の、三角関係描写と比べると面白い。

f:id:makimogpfb:20211009234952j:image

一方、口止め料で、好物の芋を買ったオヨヨは、通りかかった近所の美猫・アレレに芋を貢ごうとする(アニメオリジナル)。
アレレは芋を蹴飛ばすが、オヨヨは芋をキャッチ。ルパン三世3期(脚本)、ルパン三世2nd(演出/コンテ)ほか、食いしん坊描写は頻出。

f:id:makimogpfb:20211009235023j:image

たまごによる、消しゴムとテーブルをくっつけた仕掛けで、ひなぎくはテーブルの下敷きになる。原作通りだが、ギミックを使う戦法は、ルパン三世2nd(演出/コンテ)、忍者マン一平(監督/脚本/コンテ)ほか多い。

f:id:makimogpfb:20211009235056j:image

たまごと、ひなぎくの争いは激化し、そこに、帰ってきたオヨヨ、うずらも巻き込まれる。そして当のモンブランは逃げる。
原作より、カオスになる過程が整理されている。この技術は、怪物王女じゃりン子チエ(脚本)などにも見られる。

f:id:makimogpfb:20211009235126j:image

結局、たまごは夜通し、一人で宿題をやる羽目になったのだった。オヨヨが鉛筆削り係をしていたり、うずらが、たまごの部屋にいるのはアニメオリジナル。キャラ配置の巧みさが感じられる。

f:id:makimogpfb:20211009235146j:image

  • まとめ

 まず、モンブランひなぎく・たまごの三角関係をわかりやすくするための、冒頭のアニメオリジナルパートが上手い。原作だと、たまごがモンブランを家に招くところから始まるが、それを十分に補完している。

 とにかく高屋敷氏は、話の5W1Hを書くのが巧み。
どんなにカオスなギャグであろうとも、可能な限り理論立てて話作りをしている。
今回も、原作だといきなり出てくる、まろん(近所の金持ちの子供)と黒子(まろんの従者)がカットされている。理屈に合わないからだと考えられる。

 また、オヨヨが、たまごから口止め料をせしめ、その金で芋を買うプロットはアニメオリジナルなわけだが、これは、キーキャラであるオヨヨを活かすためだと思う(原作は、途中までオヨヨが脇キャラだった)。「金」と「食べ物」が絡むのがまた、高屋敷氏らしい。

 そして、短い尺(7分弱)であろうとも、キャラの掘り下げ、情報の整理、複数プロットの管理とまとめが行われているのが凄い。高屋敷氏の、相変わらずの技術の高さが見られる。

 あと、三角関係に関しては、めぞん一刻・F-エフ-・忍者戦士飛影(いずれも高屋敷氏脚本)あたりと比較すると面白い。女同士の熾烈な争いになるのは、めぞん一刻の響子(ヒロイン)と八神(響子のライバルとなる女子高生)の前哨戦の趣がある。

 恋愛関係にしろ、ギャグにしろ、とにかく「話の筋道が立っている」ことは、高屋敷氏のこだわりが感じられる。ギャグだからといって、何もかも滅茶苦茶でいいわけではない─といったポリシーが見られる。

 勿論、ギャグとして何もかも滅茶苦茶にするタイプの作家もいる。これは優劣ではなく、それぞれの個性と言える。
高屋敷氏は、ギャグにしろ、シリアスにしろ、「筋道を立てる」「理屈を合わせる」傾向があることが、今回浮き彫りになっており、やはり興味深い。