カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

じゃりン子チエ37話脚本:根底にある温もり

アニメ『じゃりン子チエ』は、はるき悦巳氏の漫画をアニメ化した作品。小学生ながらホルモン屋を切り盛りするチエを中心に、大阪下町の人間模様を描く。監督は高畑勲氏。

───

本記事を含めた、じゃりン子チエに関する当ブログの記事一覧:

https://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%8A%E3%82%93%E5%AD%90%E3%83%81%E3%82%A8

───

  • 今回の話:

演出:横田和善氏、脚本:高屋敷英夫氏。

マサル(チエのクラスメート)から、テツ(チエの父)からの遺伝が強いと指摘されたチエは、自分が成長したらテツのようになるのかと思い悩む。

───

マサル(チエのクラスメート)は、チエは成長したら“遺伝”でテツ(チエの父)のようになる、と言って恐れ、遺伝の恐ろしさを記した手紙をチエに渡す。ここは原作から台詞が上手く取捨選択され、テンポがよくなっている。 

f:id:makimogpfb:20210613130020j:image

マサルからの手紙には、いかにチエがテツに似ているかが事細かに記されていた。原作通りだが、宝島(演出)、ワンダービートS・F-エフ-・おにいさまへ…(脚本)など、高屋敷氏は手紙の扱いが上手い。

f:id:makimogpfb:20210613130054j:image

チエが学校から帰宅すると、テツとカルメラ兄弟(テツの弟分)が、お好み焼き屋を占拠するおばさん達に対抗するため、早口言葉を練習していた。ワンナウツ(脚本)や宝島(演出)など、子供っぽい大人は色々な作品で目立つ。

f:id:makimogpfb:20210613130137j:image

テツ達に呆れながら、チエは、たまたま手にした鏡で自分の顔を確認し、笑顔がテツに似ている事に愕然とする。原作通りだが、真実を映す鏡の表現は、数々の作品にある。めぞん一刻あしたのジョー2(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210613130209j:image

チエは、店(ホルモン屋)の常連客に、もう自分は笑わないと宣言。常連客は、チエは笑顔がテツに似ていると言いかけ、ますますチエを不機嫌にさせる。グラゼニめぞん一刻(脚本)ほか、味のあるモブは多い。

f:id:makimogpfb:20210613130241j:image

チエは思い立って拳骨(テツの恩師)を訪ね、遺伝について相談するが、拳骨の話を理解できず退散する。拳骨はカニを美味しそうに食べるが、飯テロは頻出。ガンバの冒険(脚本)、ルパン三世2nd(演出/コンテ)、F-エフ-・カイジ2期(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210613130311j:image

後日。学校で父兄運動会が開催される事を知り、チエは憂鬱になる。そんな中、百合根(お好み焼き屋)がチエ宅に来て、ジュニア(百合根の飼い猫)がアントニオ(ジュニアの亡き父)に似ず不甲斐ないと泣く。カイジ2期・あんみつ姫(脚本)ほか、中高年男性のガン泣きはよく出る。

f:id:makimogpfb:20210613130355j:image

子が親に似ないという話に機嫌をよくしたチエは、百合根にソーダをおごる。飯テロだけでなく、美味しそうな飲み物もよく出る。はだしのゲン2・ハローキティのおやゆびひめ・カイジ2期・MASTERキートン(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210613130424j:image

いよいよ百合根に酒までおごろうとするチエだったが、そこにテツとカルメラ兄弟が来て、ジュニアが(お好み焼き屋を占拠する)おばさん達に勝ったと報告。おじさん達の可愛いじゃれ合いは、グラゼニワンナウツ(脚本)ほか目立つ。

f:id:makimogpfb:20210613130517j:image

やはり親子は似るのだと結論を出した百合根に対し、チエは不機嫌になってソーダと酒の代金を請求する。宝島(演出)や、太陽の使者鉄人28号(脚本)など、しっかりしている所はしっかりしている子供の描写は結構ある。

f:id:makimogpfb:20210613130542j:image

チエが百合根やテツ達を店から叩き出した後、拳骨が来る。チエは、遺伝についての悩みを拳骨に吐露する。ど根性ガエル(演出)やF-エフ-(脚本)ほか、一人で悩んでいる所に仲間や友達が寄り添う描写は強調される。

f:id:makimogpfb:20210613130617j:image

そこにヨシ江(チエの母)が帰宅し、その後マサルの母が来る。マサルの母は、ヨシ江を父兄運動会のリレーに出ないかと誘い、拳骨もそれに賛成。ヨシ江はリレーに出る事に。一方、それを聞いたテツは動揺。はじめの一歩3期(脚本)、宝島(演出)ほか、老人の優しさは前面に出る。

f:id:makimogpfb:20210613130649j:image

  • まとめ

相変わらず、話のテンポがいい。原作から削れる所は削っており、話の筋がスルスルと頭に入ってくる。このあたりも、ダラダラ原作をなぞるのではなく、色々な工夫がされているのがわかる。

今回はアクションではなく、殆ど会話で話が成り立っている。それなのに飽きさせない作りになっており感心させられる。こういった技術はカイジグラゼニ(シリーズ構成・脚本)などでも大いに発揮されている。

思えば、ギャンブルが始まると舞台が固定されてしまうカイジ(シリーズ構成・脚本)も、緊迫したやりとりで視聴者を画面に釘付けにする工夫が成されているわけで、やはり高屋敷氏が、じゃりン子チエで培ったものは大きいのではないだろうか。

一方、チエの悩みの微笑ましさや、拳骨の優しさも前面に出ている。ネタバレしてしまえば、ヨシ江の足の速さをチエに見せるため、拳骨はヨシ江にリレーに出るよう促したわけなのであるが、高屋敷氏は、こういった老人の優しさを強調するのが巧み。

キャリア初期の、ど根性ガエル(演出)の時代から、血の繋がりがなくても、家族のような絆を描くのが高屋敷氏は上手い。
それはカイジ(シリーズ構成・脚本)でも強く出ており、作品に温もりを与えている。

ギャンブル・デスゲームものの金字塔とも言われるカイジだが、アニメは、その根底にあるヒューマンドラマをよく引き出している。何十年と温かい人情を表現してきた、(シリーズ構成・脚本の)高屋敷氏の貢献も大きいと思う。

いつものことながら、持てる技術と経験をフルに駆使して、原作を踏襲しつつ、自身が表現したい事を(さりげなく)前面に出していく高屋敷氏のテクニックに、今回も唸らされた。

じゃりン子チエ34話脚本:話の管理と芯

アニメ『じゃりン子チエ』は、はるき悦巳氏の漫画をアニメ化した作品。小学生ながらホルモン屋を切り盛りするチエを中心に、大阪下町の人間模様を描く。監督は高畑勲氏。

───

本記事を含めた、じゃりン子チエに関する当ブログの記事一覧:

https://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%8A%E3%82%93%E5%AD%90%E3%83%81%E3%82%A8

───

  • 今回の話:

演出:御厨恭輔氏、脚本:高屋敷英夫氏。

荷物持ちとして拳骨(チエの父であるテツの恩師)の東京出張に同行するはずだったテツは逃げ出し、渉(拳骨の息子)に厄介になる。

───

開幕、小鉄(チエの飼い猫)とジュニア(お好み焼き屋・百合根の飼い猫)は蝶を眺める(アニメオリジナル)。蝶は結構出る。あしたのジョー2(脚本)、ガイキング(演出)、まんが世界昔ばなし(演出/コンテ)、おにいさまへ…(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210606122859j:image

春になるとノイローゼ気味になるジュニアは、憂鬱な気分を口に出し、小鉄はそれを適当にあしらう(アニメオリジナル)。木によりかかる絵面はしばしば見られる。ベルサイユのばら(コンテ)、めぞん一刻(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210606122925j:image

一方、チエはダラダラするテツ(チエの父)を一喝(アニメオリジナル)。そこへ拳骨(テツの恩師)が来て、東京へ出張するので、荷物持ちにテツを借りたいと言ってくる。チエとヨシ江(チエの母)は、それを快諾。ここの流れは、アニメオリジナルと原作が上手く混じっていてテンポがいい。

f:id:makimogpfb:20210606122951j:image

お好み焼き屋では、違法賭場を開いた罪で逮捕されていたが釈放された、レイモンド飛田(ヤクザ・地獄組のボス)が、今までの行いを反省する。
ここの会話もスムーズ。この技術は、喋るだけで動きが殆ど無いのに面白い、グラゼニ17話(脚本)でも光る。

f:id:makimogpfb:20210606123021j:image

テツは拳骨から逃げ、東京にいることになっている間、拳骨の家に泊まることにする。渉(拳骨の息子で、チエのクラスの担任)はそれを承諾。そこで、テツは服を賭けるカブで遊ぶ。拳骨に人生相談しに来たレイモンド飛田もそれに巻き込まれる。この流れもテンポが見事。

f:id:makimogpfb:20210606123109j:image

その後、脱衣カブで負けて裸になったせいで渉は風邪をひき、仕事を休む。チエとヒラメ(チエの親友)は、渉のお見舞いに行くことにする。ここは二人が可愛い。ストロベリーパニックガンバの冒険(脚本)など、高屋敷氏は幼く可愛い描写に長ける。

f:id:makimogpfb:20210606123140j:image

チエは拳骨からのハガキで、テツが逃げたことを知る。そこに、脱衣カブに負けて風邪気味のカルメラ兄弟(テツの弟分)が来て、チエとヒラメに、拳骨の家に行くのはやめた方がいいと言うが、チエ達は忠告を無視する。ここもやりとりが小気味よくできている。

f:id:makimogpfb:20210606123212j:image

拳骨の家にすっかり馴染んだテツは、風呂を沸かしたり出前を取ったりする。ここも、渉とテツが可愛い。宝島(演出)やカイジ2期(脚本)など、年齢や立ち位置の差が大きい人間同士の関係も、高屋敷氏は印象深く描写する。

f:id:makimogpfb:20210606123246j:image

テツが風呂に入っている間に、チエとヒラメが渉のお見舞いに来る。お菓子を出され、ヒラメは喜ぶ。飯テロは頻出。マイメロディ赤ずきんおにいさまへ…・怪物くん(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210606123311j:image

結局、テツはチエに見つかる。出前の天ぷらうどんを、テツは気まずそうに食べる。ここも頻出の飯テロ。グラゼニおにいさまへ…カイジ2期(脚本)、ルパン三世2nd(演出/コンテ)と比較。

f:id:makimogpfb:20210606123338j:image

その後、チエ・ヒラメ・テツは拳骨の家を出る。すると、彼らは丸太(ヒラメの兄)が不良達に絡まれているのを発見。激怒したヒラメは不良達に突進。テツはチエに、ヒラメの加勢をするよう促す。ここも流れるように展開され、色々と上手い。

f:id:makimogpfb:20210606123406j:image

不良達の一人は、ヤクザをしている兄を呼びに行くと息巻くが、テツはそれを喜ぶ(ヤクザをどつくのが趣味)。どっちが悪だかわからなくなるくらい強いキャラづけは、ワンナウツ・アカギ(脚本)などにも見られる。

f:id:makimogpfb:20210606123445j:image

結局、チエ達は大乱闘を繰り広げる。皆で何かをやる高揚感は、あんみつ姫(脚本)でも描かれている。また高屋敷氏は、子供が子供らしさを発揮するのを描写するのが巧み。

f:id:makimogpfb:20210606123543j:image

チエ達は、ボロボロになりながらも勝利する(テツは無傷)。ヒラメと丸太は、母に勝利の報告をするのだった。RAINBOW-二舎六房の七人-(脚本)、ど根性ガエル(演出)ほか、母子愛は強調される。

f:id:makimogpfb:20210606123603j:image

  • まとめ

とにかく流れるようにスムーズな話運びが見事。また、おそらく季節のずれで原作から変更されたくだりも、うまくはまっていて驚く。スタッフが、原作のリズムをよく把握しているのが窺える。

あと、複数のキャラの動向が本当に上手く捌かれていて唸る。一見バラバラなキャラの動向が最後に合流するのは、高屋敷氏の得意とするところだが、その技術は本作で大いに磨かれた感がある。

そして、キャラの掘り下げもよくできている。なんだかんだ滅茶苦茶だが愛嬌があり、ケンカの強さが光り輝くテツ、いざとなると兄思いで勇敢なヒラメ、結構達観しているレイモンド飛田など、色々なキャラの魅力が引き出されているのが良い。

本作は、チエをはじめとして、しっかりした子供が多いが、高屋敷氏は、そんな中でも、子供が子供らしくいられる時を切り取るのに秀でていると思う。もともと同氏は幼さや無邪気さの表現が上手いが、本作でもそれが炸裂している。

今回終盤の、チエ達の乱闘は、そういった子供の無邪気さ・幼さがよく表れていた。それ(ケンカ)を促したテツもまた、本能的に「子供らしさとは何か」を知っている大人として魅力的に映る。こういった所も流石。

善悪のラインを明確にしない、高屋敷氏のポリシーも強く表れている。もともと原作からしてカオスであるが、アニメも自重することなく、それをそのまま、または更に強調して出しており、そこも見ていて楽しい。

それでいて、最後は母にケンカ勝利報告をする丸太・ヒラメ兄妹が印象的に描写され、人情味がある作りになっている。色々と入り組んだ構成を管理しながらキャラの掘り下げをし、強調したい所を押さえる技術が、やはり凄い回だった。