カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

カイジおよび福本作品、そのアニメが好きで、シリーズ構成の高屋敷英夫さんが、子供の頃からアニメのクレジットで凄くよく見る名前なので調べてみたものの膨大すぎてまとめきれなくなってきたので、自分のブログよりここに切り離してまとめることにしました。ツイッターアカウントは@makimogpfbです

忍者戦士飛影 21話脚本:真の博愛が人望を集める。カイジとロミナの意外な共通点

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。モバイルだと、クリックしても画像が大きくなりませんが、urlをクリックするとtwitterの大きい画面で見れます)

状況としては、ジョウ達はエル・シャンクで地球を目指すも月で頓挫し、敵を撃退する日々。

あと前回において、味のある敵だったザブーム軍総司令、グラサンが残念ながら戦死。

そして、敵に寝返っているイルボラは、スケルトンというロボットに搭乗するようになった。

一方、グラサンの戦死の報告を怠ったとして、火星軍総司令ハザードは、月総司令からお叱りを受ける。また、月総司令はハザードとザブームが手を組んでいる真実に肉薄するようになった。ハザードは何とかとぼけるが、いずれ地球を我が手にすればいいと野望を募らせる。

ハザードは、前からだが高屋敷氏脚本で何か子供っぽく「ままま待ってくれ!」とか「石ぶつけてやるからなー!」とか幼い(特徴)。カイジの班長を彷彿とさせる。スケールが違うが、両者とも愛嬌がありつつ、殺人も厭わない。 https://t.co/6LqqjmY6Yz

f:id:makimogpfb:20160721125126j:image

あと今回も以前からも、カイジでも見られる同氏の言い回しの癖が出ている。書ききれないんだけども。例えば「口を慎め」「控えろ」とか水戸黄門ネタがよく出る(今回、ルパン3期、カイジ2期)。好きなのかも? https://t.co/3zIhd7hkfN


f:id:makimogpfb:20160721125204j:image

そしてザブームのアネックス皇帝が、視察及びグラサンの後継を決めるため月に来る。イルボラとハザードは皇帝に取り入ろうと野望を抱く。野心溢れるイルボラが、カイジの一条ぽい(画像は今回とカイジ2期脚本) https://t.co/wReq3dVKsv

f:id:makimogpfb:20160721125235j:image

アネックスは、エル・シャンクが容易に攻撃できない、天然の要塞に潜伏していると報告を受ける。

この天然の要塞もだし、鉄人28号太陽の使者脚本の海底火山、ルパン3期脚本の火山湖、カイジ脚本の地盤など、自然=キャラとしてアシストするのが同氏特徴。

皇帝はエル・シャンクと通信し、ロミナの母(王妃)をダシにして脅す。その際皇帝の艦が映るが、殺気を放つ間がある(特徴:無機物もキャラ)。画像は今回・カイジ・DAYS脚本。どれも意思を持つような間がある https://t.co/76uJu2GL5L

f:id:makimogpfb:20160721125321j:image

 

皇帝を恐れたガメランと一部の兵は敵に寝返ろうと逃亡を図る。ロミナは自分の道は自分で決めろ(特徴)と、あえて止めず。だが例え一人になっても自分は戦うと宣言。カイジの、仮に地の底に沈もうともだ、を思わせる https://t.co/DjuRXRMX6z

f:id:makimogpfb:20160721131230j:image

イルボラはガメラン達の受け入れを承諾するふりをして、彼等をダシに攻撃をかける戦法を立てる。ハザードにも周囲を固めておくよう命令。

ハザードは、いつから命令するようになった!とイルボラに怒るが、渋々承諾。そこそこ知略を使っている(特徴)。

イルボラは、まずガメラン達を攻撃。ロミナ姫は、ガメラン達もイルボラも同じラドリア人なのに、戦うなんて悲しいと、ジョウ達にガメラン達の救出を頼む。

ジョウはロミナの優しさに感化され出撃。ロミナの慈悲深さがカイジっぽい。だがジョウ達やエル・シャンクの出撃は、イルボラの思うツボだった。

数で押してくるイルボラにジョウ達は苦戦するも、ピンチに飛影が登場、ジョウ機と合体。ノルマの無双をするも、数が多いため苦戦。

ところで、またも、同氏が敬愛してるっぽい、出崎哲氏的回転(全角度正確に作画し回転させる演出)が入っている。画像は今回とXMEN脚本。監督作忍者マン一平にも頻出。結構アクションは作画やコンテ演出に丸投げしてるぽいのに、何故か回転だけは脚本作でも入ることが多い。 https://t.co/WkFcGnOZ0r

f:id:makimogpfb:20160721125442j:image

いよいよ飛影すらやられると思った刹那、ロミナがイルボラを本気で砲撃。裏切り未遂は許しても完全裏切りには本気で怒る所もカイジっぽい。カイジは肉弾で済むが、ロミナはイルボラを殺す勢いw https://t.co/CumP2czhoa

f:id:makimogpfb:20160721125522j:image

割とロミナに惚れていたイルボラは多少なりともショックを受けたのか撤退。しかし皇帝はロミナやジョウ達を追い詰めたことを評価し、イルボラを、グラサンの後継者に任命。野望に邁進するイルボラが、またも一条ぽい。

https://t.co/5JsNXwq9ma

f:id:makimogpfb:20160721125608j:image

辞令を受け去っていくイルボラと、カイジを騙して去っていく船井が結構シンクロw イルボラはロミナを守る約束を、船井はあいこの約束を、ともに破っている。画像は今回と、カイジ脚本。 https://t.co/9sPKOFmcQ9

f:id:makimogpfb:20160721125633j:image

 

  • まとめ

ほんとロミナ姫とカイジが被るw (仲間を)助けてやってくれと、ジョウや、やさしいおじさんに涙ながらに懇願する所や、怒ると誇り高く強い所とか。ジョウも、やさしいおじさんも、ロミナ・カイジの涙に弱い。 https://t.co/0BDBZ7x4l3


f:id:makimogpfb:20160721125755j:image

f:id:makimogpfb:20160721125824j:image

ジョウは裏切ろうとしたガメラン達に「優しい姫さんを持って幸せだな!」と言い、カイジでは、やさしいおじさんが、カイジのお人好しぶりに驚くも地下の仲間や石田息子を助ける手配をしてくれる。見た目は違うが、カイジには母性&女性的な優しさがあるのは確か。

今回は、ロミナの戦いがクローズアップされていた。ロミナの慈悲深さや誇り高さは、度々、人望を集め、皆が助けてくれる……ところもカイジと似てる。また、ロミナが「一人になっても戦う」と宣言するもジョウ達が助けるのは、高屋敷氏特徴の、ぼっち救済。

最新脚本作DAYS(2016)も、才能があっても孤独を感じている風間の所に、つくしが来て、早朝練習に付き合ってくれる。これも、同氏特徴のぼっち救済。

話も、来栖のコンプレックス、風間の孤独、主将の、怪我によるストレスを、つくしの純真さが吹き飛ばすもの。

家なき子演出のミリガン夫人、飛影脚本のロミナ、カイジ脚本・シリ構のカイジ、最新脚本DAYSのつくし、どれも優しさや純真さで人望を集めたり、人を感動させるキャラが男女問わず出てくる。同氏特徴である博愛が過去~現在まで生きているのを認識できた回だった。