カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

MASTERキートン18話脚本:善悪を併せ持つ、人間の複雑さ

Togetterのバックアップです。修正や追加などで再構成しています。)

MASTERキートンは、かつて英国特殊部隊SASで活躍したキートンが、ある時は保険調査員として、またある時は考古学者として世界を周り、様々な事件に遭うドラマ。
今回の舞台はイギリス。

大学教授のベニントンは、ある夜、車でトラヴィスという男をはねてしまう。
治療はトラヴィスの友人で医者のギャラードが引き受けることに。だがそれは巧妙な詐欺だった。
画像は騙された人と騙す人。今回、元祖天才バカボン脚本、ベルばらコンテ。

f:id:makimogpfb:20170917173407j:image

ラヴィスは一流の当たり屋で、骨折の如何までコントロールして当たる事ができる。
騙すといえば、ルパン三世2nd脚本にて、病弱な老人を演じ、ルパンを(途中まで)騙した役者が思い出される。

f:id:makimogpfb:20170917173444j:image

ラヴィス達は、ベニントンが大学の学長選挙に出る事を調査で知っており、それを見越してカモにする事にしたのだった。

祝杯をあげるトラヴィスギャラードが、アカギ脚本の仰木・安岡に被る。どちらも腹黒いが渋い。

f:id:makimogpfb:20170917173534j:image

そんな折、キートンがベニントンの勤める大学を訪れる。
ベニントンはキートンの恩師で、一見冴えないが、学者としては一流。そして教育熱心な良い教授。
どこか抜けているが良い先生である、ど根性ガエル演出の町田先生と比較。

f:id:makimogpfb:20170917173632j:image

キートンは、ベニントンから学長選挙の事を聞く。ベニントンの対立候補は、学長の娘婿であるステファン教授。ステファンは腹黒く、他の教授に金をばらまいているという。
水に浮かぶ木葉が、同氏特徴的(自然もキャラクター)。めぞん一刻脚本と比較。 

f:id:makimogpfb:20170917173748j:image

また、ステファンはキャンパスを売ろうともしていた。
大学や生徒を愛するベニントンは、若い教授達の後押しで出馬を決意したのだった(特徴:建物も大事なキャラクターとして捉える)。
そしてベニントンはキートンに、事故のことを打ち明ける。

キートンはベニントンと共に、トラヴィスの見舞いに行く。
ギャラードは巧妙に怪我について説明し、トラヴィスも嘘話で5万ポンドをベニントンに要求する(特徴:イカサマ)。
だがベニントンは、一度に支払える財力が無い事が判明する。

ベニントン達が帰った後、トラヴィスギャラード、そして情報屋のウェッブは作戦を練り直す。
画像は一攫千金を狙う3人組シリーズ。今回、ルパン三世2nd・キャッツアイ・カイジ2期脚本。

f:id:makimogpfb:20170917173845j:image

情報担当のウェッブによれば、ベニントンは最近、超高額だが学術的に価値のある文庫を買ってしまったため、示談金を支払う財力が無くなってしまったという。

それならば、ベニントンを学長選挙に勝たせで学長にしてしまえばいいと、3人は結論づける。

一方、ベニントンの対立候補・ステファンは、あの手この手で味方を増やし、ベニントンを窮地に追いやる。この腹黒さはどこか、ワンナウツ脚本のオーナーに通じるものがある。

f:id:makimogpfb:20170917174020j:image

そんな中、キートンはトラヴィスを見舞う。その最中、キートンは紅茶をトラヴィスの手にこぼしてしまう。
ラヴィスは熱さをこらえ、手が麻痺している振りをする。
キートンはそれを見て、何かを察する。
自分の血を見て何かを閃いた、カイジ脚本と比較。

f:id:makimogpfb:20170917174056j:image

キートンが去ったあと、今度はステファンがトラヴィスを訪ねてくる。ステファンは、金をやるから事故の事を公表しろとトラヴィスに迫る。
ラヴィスは事故そのものを否定し、金の受け取りを拒否。
ラヴィスは、あくまでベニントンを当選させる事にこだわる。

ラヴィス達3人は大学に行き、密かにベニントンの様子を窺う。
3人は、ベニントンのお人好しさ・ドジさに呆れる。ここも、ど根性ガエル演出の町田先生を思わせる。

f:id:makimogpfb:20170917174139j:image

ベニントンに呆れながらも、3人はステファンの悪事を告発する手紙を学長宛に匿名で送る。

学長は、ステファンの悪い噂も前から聞いていたため、ベニントンを推すことにする。
ラヴィス達は、ベニントンの当選を確信するが、そこへ、学長が心臓発作で倒れたとの報が入る。
ラヴィスは、ステファンを怪しむ。

キートンとベニントンは、学長宅へ駆け付ける。
キートンは、学長が飲んでいた薬を発見。匂いから、誰かが薬をすり替えたことを見抜く(特徴:物が“語る”)。

f:id:makimogpfb:20170917174321j:image

ベニントンは逆上してステファンに食ってかかり、選挙に不利な状況を作ってしまう。

勝利を確信したステファンは、高笑いしながら帰路につく。だがその最中、車椅子に乗った男を車ではねてしまう。その正体はトラヴィスだった。逃げようとするステファンを、ウェッブがカメラで激写。それを見て狼狽したステファンは、車を街灯の支柱に激突させてしまう。

ラヴィスは、今度は本当に怪我する。
ど根性ガエル演出にて、町田先生が子供を助けるために名誉の負傷をするが、トラヴィスの怪我も、ある意味ベニントンを助けた、名誉の負傷。同氏特徴である義理人情も、じわりと描写される。

f:id:makimogpfb:20170917174600j:image

そんなトラヴィスを、キートンが見舞う。キートンは、彼が詐欺師であることを、紅茶をこぼした時に察していた。手が麻痺していても、付随筋が反応するはずだからだ(トラヴィスは無反応を装ってしまった)。
キートンは、ベニントンが学長になった事をトラヴィスに伝える。
彼はそれを聞き満足し、ターゲットをステファンに変える事にすると宣言。キートンは苦笑するのだった。 

f:id:makimogpfb:20170917175142j:image

  • まとめ

同氏特徴である、イカサマ、義理人情、知略による痛快な逆転劇が描かれる。
また、色々な作品で出てくる、「善悪の区別は単純ではない」というテーマも表れている。
最初はお人好しを騙す悪党だったトラヴィス達が、逆にお人好しになってしまう。

カイジ(シリ構・脚本)においても、カイジ達は違法な事を色々やったが、2期最後は義理人情を強く打ち出している。
また、ルパン三世の脚本や演出でも、義理人情が光る回がある。
まんが世界昔ばなしの演出や脚本でも、狼の苦労等が描かれる。

知略を使った痛快な逆転劇についてだが、ど根性ガエル19話B演出においても強く描かれている。
また、今回トラヴィスが文字通り体を張るが、義理人情のために体を張るキャラは同氏作品に多い。カイジでも様々な自己犠牲が描かれている。

同氏特徴の義理人情や自己犠牲のルーツを辿ると、デビュー作であるジョー1脚本(無記名)に行き着くが、それとは別に、山田洋次監督の「男はつらいよ」からも来ているのではないだろうか。同氏の山田洋次監督好きは、色々な箇所に見受けられる。

男はつらいよ」の寅さんは、義理人情に厚い人間であり、また、惚れた女性の幸せを考えて身を引くことを繰り返す、自己犠牲精神も持っている。
そして旅好き。
高屋敷氏の作品にも、旅が好きなキャラは沢山出てくる。

あと、同氏特徴「善悪の区別は単純にはつかない」について話を戻すが、カイジもまた、1期1話(同氏脚本)にて、車にイタズラをする、どうしようもない一面が描かれる。
だが、色々な経験を繰り返すうち、カイジは天使レベルの優しさを出すようになる。

また、悪党は悪党なりの、しっかりしたポリシーがあることも描かれる。カイジの会長然り。今回も、結果的にステファンが悪役を一手に引き受ける体になっているが、トラヴィスはステファンを「企業の社長の器」と評価している。

こうした、善悪の区別の複雑さを、子供向けである元祖天才バカボン演出・脚本や、まんが世界昔ばなし演出・脚本においても、同氏はしっかり描いている。特に、今回同様、詐欺師が出てくる元祖天才バカボン35話B脚本は、大人でも唸るテーマが沢山出る。

そう思うと、同氏作風は、深夜の大人向けアニメと相性がいいのかもしれない。
あと今回は全体的に、ほっこりとするイイ話。悪意が複雑に絡み合いながらも、じわり義理人情が押し出される話運びが胸を打つ回だった。