カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

ルパン三世2nd132話脚本:己を貫く主人公達

ルパン三世2ndは、アニメ版ルパン三世の第2シリーズ。ルパンのジャケットが赤いのが目印。今回の演出コンテは三家本泰美氏(コンテの“石原泰三”は三家本氏の変名)。

━━━

今回の話は、モンキー・パンチ先生の原作漫画「変装防止」をアニメ化したものだが、内容の追加や変更が多々ある。
原作漫画は各エピソードがかなり短く、アニメにするには、色々な工夫をして尺を埋める必要があるため、そこが脚本や演出の腕の見せ所となっている。

━━━

舞台はネパール。大事なコレクションであるナポレオン紙幣を盗まれたルパンは、実行犯とみられる男・アッシーを締め上げる。
そこへ不二子が現れ、アッシーの帽子を拾って彼の頭に被せ直すが、あしたのジョー1の高屋敷氏脚本疑惑回にて、段平が丈の頭に帽子を被せ直すシーンがあり、かつまた、1980年版鉄腕アトムの高屋敷氏脚本回にて、子供の頭に帽子を被せ直すシーンがある。

f:id:makimogpfb:20180225002356j:image

これはジョー1の脚本疑惑について、気になる要素である。いずれにせよ、あしたのジョー1の帽子のくだりは、何らかの理由で高屋敷氏にとって印象深いシーンだった事は確か。

不二子によると、アッシーの背後にあるのは、ヒマラヤにあるインチキ宗教団体・ファンダーという組織らしい。

ファンダー教は、世界中から金品を盗んだファンダー(教祖)の部下が、教徒のふりをして盗品を教祖に捧げ、信者達の前で、奇跡に見せかけて姿を消すシステムを作りあげていた。つまりは、泥棒達の逃亡先の確保や証拠隠滅のシステムとして機能している。

こういった、インチキオカルトは高屋敷氏の作品によく出てきて、強調される。インチキオカルトや、偽の神に対する怒りのようなものも感じられるが、手口の巧妙さも描かれる。画像は歴代インチキオカルト師。今回、元祖バカボン演出、チエちゃん奮戦記・花田少年史脚本。

f:id:makimogpfb:20180225002508j:image

不二子からの情報を得て、早速ルパンはファンダー教総本山に赴く。そこには銭形も来ており一悶着あるが、ルパンはうまく逃げおおせる。

次にルパンは、拘束していたファンダーの部下・アッシーを、盗聴機を付けた上で彼等のアジトにて開放する。

だがファンダーは、ドジを踏んだとしてアッシーを射殺、盗聴機を破壊する。ルパンは、ファンダーが冷酷かつ食わせ者であることを実感するのだった。

そこでルパンはファンダーの部下に変装し、ファンダーの儀式に参加。

儀式は、金品を教祖に捧げた後、服を脱いだ信徒(部下)がファンダーのマントに包まれると消えるというもの。当然これにはギミックがあり、教祖がスイッチを踏むと、信徒(部下)が落とし穴に落ちる仕組みになっている。
このような凝ったギミックは高屋敷氏の作品ではクローズアップされる。チエちゃん奮戦記脚本と比較。こちらもインチキオカルト師によるイカサマギミック。

f:id:makimogpfb:20180225002718j:image

カイジにおいても、帝愛などが使うイカサマギミックの描写に力を入れている。帝愛も、女神像の強調や、会長と黒服の関係の禍々しい関係や、説教など、インチキオカルト的な表現が成されている。

ギミックによって地下に降りたルパンは、変装を溶かす機械により、変装を解かれてしまう。それでもなんとか機転を効かせて隠れるも、監視カメラの映像記録により、ファンダーと、その女部下・ルチアの知るところとなる。

ルパンは結局、裸のまま捕まってしまう。
ファンダーは、頭の切れるルパンを気に入り、部下にならないかと持ちかけるが、ルパンはその誘いを一蹴。
するとファンダーは、ルパンが自分の誘いを受け入れるまで、3つのうち1つが毒入りというリンゴを次々とルパンに食べさせるという戦法を取る。負けたら死ぬデスゲームは、カイジ(脚本・シリーズ構成)でもおなじみ。

f:id:makimogpfb:20180225002854j:image

結局、最後の1個が毒入りだったのだが、ルパンは最後まで誘いを断る。このあたり、高屋敷氏が、あらゆる作品でよく出すメッセージ、「己を強く保て」が出ている。

頑ななルパンをもて余したファンダーは、最後の1個である毒入りリンゴをルパンの口に突っ込む。だが、胃に仕込んだトリックでルパンは生還、形勢を逆転させる。全裸でのピンチからの逆転は、カイジ脚本でも多いに強調された。

f:id:makimogpfb:20180225002955j:image

古くは、ど根性ガエル演出にて、銭湯を舞台にした決闘があり、こちらも、ひろし(主人公)のピンチからの形勢逆転が描かれている。

ちなみに毒リンゴ関連のくだりはアニメのオリジナルで、いかに高屋敷氏が博打やトリック要素が好きかが窺い知れる。

ここで、地下へ続くルートを発見した次元と五右衛門もルパンと合流。ルパンは、五右衛門に協力してもらい、ファンダーの部下が集めた金品を貯えた、偽の神像を燃やす。ファンダーは慌てるが、それは防火布を使ったフェイクだった。

ルパンは、ファンダーの怒った顔が見たかっただけだと言い、自分のお宝であるナポレオン紙幣を取り戻す。

ファンダーは一旦敗北を認めるも、体に巻いたダイナマイトを見せ、自爆する覚悟があると脅す。ルパン達は逆にピンチになるが、銭形(同じく地下の存在に気付いた)がルパンを燻り出そうと地下に煙を送り込んでいるのに便乗して、窮地を脱する。

そして、五右衛門は神像の首を斬る。ここも「偽の神」に対する、高屋敷氏の怒りのようなものが感じられる。しかも、この描写はオリジナル。カイジ脚本でも、首の無い女神像(サモトラケのニケ像のレプリカ)が強く描写された。

f:id:makimogpfb:20180225003316j:image

神像を壊されたはずみでファンダーはダメージを受けるが、彼は逃げずに、お宝と共に安らかな顔で自爆する。

f:id:makimogpfb:20180225003405j:image

敵にもシンパシーを感じるようにさせるのも、高屋敷氏がよく振るう手腕。最終的に、善悪の区別を難しくさせるのが同氏の大きな特徴。

ファンダーの自爆から逃げ延びたルパン達は、ファンダーを「欲深い神様だ」と評する。ここも、「偽の神」に対する批判が見て取れる。

f:id:makimogpfb:20180225003518j:image

一難去ってまた一難、今度は銭形がルパンを捕まえに迫ってくる。不二子がヘリでルパン達を迎えに来てくれるが、ナポレオン紙幣は取り戻したものの、ファンダーの貯えていたお宝を取れなかった罰として、不二子はしばしルパン達を放置。ルパン達は、銭形とのマラソンを強いられるのだった。

f:id:makimogpfb:20180225003606j:image

  • まとめ

「インチキオカルトと、偽の神への怒り」が、今回も描写されている。特に今回は、オリジナル部分が大分多いので尚更目立つ。
特に神像の首を斬るのはアニメのオリジナル展開であり、こだわりが感じられる。

また、敵であるファンダーにも、ねじまがってはいるが強い意志がある事が描かれる。特に、自爆をするのはオリジナルであり、特徴が強く出ている。

そして、所々銭形が活躍するのもオリジナル。ルパン三世における、他の高屋敷氏の演出や脚本回もだが、銭形はそんなに間抜けには描かれていない。ルパンが逃げるのが上手いだけで、いつもいい線には行っている。これも、善・悪や敵・味方の区別をグレーにする、高屋敷氏の特徴が出ている。

あと、ルパンとナポレオン紙幣(コレクションの具体的描写は、アニメオリジナル)の要素の強調は、ルパンが金よりも自分のコレクションにこだわる男だという、高屋敷氏が押したいルパン像が感じられる。これは、43話脚本(毛利蘭名義)でも強調されており、不二子が「ルパンは自分のコレクションを売らない」と言っている。43話はオリジナルエピソードなので、より明らかに、同氏の考えるルパン像が出ている。

f:id:makimogpfb:20180225131124j:image

それに付け加えて、ルパンがファンダーの誘いを、自分はアルセーヌ・ルパンの孫だと言って、命を賭けて断る所の強調に、「自分とは何か」「自分を強く保て」という高屋敷氏のテーマが色濃く出ている。ルパンの「俺はアルセーヌ・ルパンの孫だぜ」という台詞はオリジナルであり、高屋敷氏のメッセージが、より強く出ている。

これを踏まえると、高屋敷氏の考えるルパンとは、「自分を強く持ち、自分の主義を貫く男」となる。

これは、ワンナウツ(シリーズ構成・脚本)の渡久地や、カイジにも言えることで、彼等も自分の主義を貫く男であることが強調されている。渡久地の場合は、最初から最後まで「勝負」の厳正さにこだわる男、カイジの場合は、どんな事があっても義理を捨てない男、という姿を前面に出している。

「自分」を強く保つということは、よくよく考えれば非常に難しい事である。現に序盤のカイジは、赤の他人である船井に流され、手痛いミスを犯してしまう。

そんな彼が、覚醒や成長で、自分を強く保つようになる。カイジは、ダメな時は普通かそれ以下のメンタルの持ち主だが、とんでもない経験をするうちに強くなっていく。

つまり、アニメ版カイジにおける、高屋敷氏の構成は、「カイジが自分を強く保つ男になるまで」という側面もあるのではないだろうか。

f:id:makimogpfb:20180225132115j:image

今回のルパン含め、アカギ、カイジ、渡久地など、高屋敷氏の押し出す主人公像は共通しており、いずれも自分を強く保つ事が出来ている。高屋敷氏の理想とする主人公像が見えて来た回だった。