カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんに興味を持って調べてみたら、膨大な量の担当作があることがわかりましたので、出来る限り同氏担当作を追跡しています。ツイッターアカウントは@makimogpfbです。

『あしたのジョー2』45話脚本:集う者達

アニメ『あしたのジョー2』は、高森朝雄梶原一騎)氏原作、ちばてつや氏画の漫画をアニメ化した作品(第2作)。風来坊の青年・矢吹丈がボクシングに魂を燃やし尽くす様を描く。監督は出崎統氏。

───

本記事を含む、当ブログの『あしたのジョー2』に関する記事一覧:

https://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC2

───

  • 今回の話:

コンテ:出崎統監督、演出:竹内啓雄氏・大賀俊二氏、脚本:高屋敷英夫氏。

いよいよ、ホセ(バンタム世界王者)と丈の、バンタム級世界タイトルマッチが始まる。

───

丈とホセ(バンタム世界王者)の入場場面では、実況アナウンサーが名調子。らんま1/2グラゼニ(脚本)ほか、高屋敷氏担当作には、名実況が多い。

f:id:makimogpfb:20210410231520j:image

リラックスしていると主張する丈に対し、段平(丈の属するジムの会長)は、冷や汗をかいていると指摘するが、丈は段平の手を払いのける。ストロベリーパニック・RAINBOW-二舎六房の七人-(脚本)ほか、手による感情表現は頻出。

f:id:makimogpfb:20210410231549j:image

序盤、スタミナ温存を説く段平を無視し、丈は猪突猛進する。
キノコ(丈を慕う子供達の一人)は、そんな丈を応援(アニメオリジナル)。宝島(演出)、あんみつ姫(脚本)ほか、子供らしい幼い描写は、高屋敷氏の得意分野。

f:id:makimogpfb:20210410231621j:image

その後、ホセは丈に反撃を始める。彼の必殺技であるコークスクリューパンチの威力は凄まじく、丈はダウン寸前になるが踏みとどまる。状況が似るためか、はじめの一歩3期(脚本)と絵面が重なり、比較すると面白い。

f:id:makimogpfb:20210410231652j:image

丈がパンチドランカー症であると知っている葉子(白木ジム新会長)は、パンチドランカーの特徴を思い出しながら試合を見つめる(アニメオリジナル)。パンチドランカー関連の解説の差し挟み方が上手い。

f:id:makimogpfb:20210410231726j:image

ホセのスクリューパンチをもろに受けた丈はダウン。タオルを投げようとする段平を、西(丈の旧友)が制止する。西がセコンドにいるのはアニメオリジナルで、使い方が上手い。

f:id:makimogpfb:20210410231758j:image

凄絶になってきた試合を、実況アナウンサーが名調子で実況する。前述の通り、らんま1/2・1980年版鉄腕アトムあんみつ姫(脚本)ほか、名実況は高屋敷氏担当作につきもの。

f:id:makimogpfb:20210410231824j:image

次のラウンドまでのインターバルで、丈は放浪していた少年時代を回想(アニメオリジナル)。その中で丈は、おにぎりを頬張る。宝島(演出)、おにいさまへ…グラゼニ(脚本)ほか、飯テロは頻出。

f:id:makimogpfb:20210410231850j:image

回想は続き、自分の家に泊まれと言ってくれたおじさんを無視して、丈は放浪を続ける。宝島(演出)やF-エフ-(脚本)ほか、孤独な人を放っておかない者がいることは強調される。高屋敷氏は、孤独を重く取り扱う。

f:id:makimogpfb:20210410231922j:image

インターバル終了で回想は終わり、次のラウンドが始まる。客席にいるカーロス(丈の好敵手。パンチドランカー末期)に気を取られたのを切欠に、ホセは丈のパンチを食らう。
丈を慕う子供達は歓声を上げる(アニメオリジナル)。ここも子供達の扱いが上手い。

f:id:makimogpfb:20210410231952j:image

右目が見えなくなったことで逆にパンチが当たるようになった丈は、ホセからダウンを奪う。
実況アナウンサーは我を忘れて、丈を応援する(アニメオリジナル)。名実況は、グラゼニ(脚本)でも光っている。

f:id:makimogpfb:20210410232016j:image

丈は、「なんとかなっちまうもんだ」と再び少年時代を回想(アニメオリジナル)。その中で、丈は魚の干物を貪る。ここも頻出の飯テロ。ガンバの冒険カイジ2期(脚本)と比較。

f:id:makimogpfb:20210410232040j:image

段平は、丈がホセのようなスクリューパンチを放っていることに気付く。原作では解説者が気付くのだが、アニメはアニメで、段平の解説のテンポがいい。

f:id:makimogpfb:20210410232103j:image

そして引き続き、丈は果敢にホセに立ち向かうのだった。子供達が沸き立つ。アニメオリジナルで観客席を盛り上げる技術は、F-エフ-(脚本)でも光る。

f:id:makimogpfb:20210410232138j:image

  • まとめ

原作でこの場にいなかった者である西、丈を慕う子供達、紀子(丈の元ガールフレンド)がいることは、前々から伏線が張られており、適当に配置しているわけではないのがわかる。そういった所が、本作は非常に丁寧。

あと、高屋敷氏が長年取り組む“孤独”に関しても、丈の回想というアニメオリジナルを通し、今回表れている。
孤独耐性のある丈ではあるが、それを放っておかない存在がいることも強調されているのが高屋敷氏らしい。

また、今回(45話)から47話(最終回)にかけて、ホセ戦が描かれるわけであるが、高屋敷氏は3話分を“シリーズ”の最小単位と捉えている節があり、シリーズ構成作では3の倍数の話数に節目があることが多い。

特に初期シリーズ構成作であり全話脚本であるF-エフ-では、この「3の倍数の話数で区切り」が上手くはまっていて、これはワンナウツカイジグラゼニといった2000年以降のシリーズ構成作でも適用されている。

本作(アニメ『あしたのジョー2』)はシリーズ構成不在だが、構成はしっかりしていて、脚本陣の連携は取れている。高屋敷氏も、ここで後のシリーズ構成作に活かせる技術を十分に磨けたのではないだろうか。

今回は、物語のクライマックスの序盤であり、色々なキャラが、この時のために動き、集った様子が、実に丁寧に描写されている。並々ならぬ気合いが、映像を通し伝わってくる。

とにかくレギュラーからモブに至るまで、「ここに集うまでにどういう物語があったか」に思いを馳せることができるのが素晴らしい。シリーズ構成不在ながら、つくづく本作の「構成」の堅実さが感じられる。